【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:神様



827 神社 New! 2006/07/06(木) 23:45:35 ID:daZU5q5O0
僕がまた中学三年の時の話。
兵庫県のM神社(地元では創立者の名をとってNさんと呼ばれている)での話。
そこで仲のいい友達6人で肝試しをすることになり、3:3に別れて中に入る事にしました。
普通は一人ずつ入るのでしょうが、6人はどうしようもないチキン。
僕を含む3人が外に残り、待機兼見張りを兼ね、残り3人が先発隊として中に入って行きました。
当時はまだ携帯はそこまで普及しておらず、代わりにPHSが流行っていました。
この6人の中で持ってるのは僕と先発隊のメンバーの一人のみ。何かあったら連絡を取り合うという事に決まり、肝試しは始まりました。

五分ほどして早速着信。電話口からは3人の楽しそうな声。怖いので無理矢理明るく振る舞っているのだろう妙にテンションが高い。
状況報告やら夜の神社はやっぱり感じが違う等、どうでもいい会話が続きました。
しかし10分程話ていた時、電話口から奇妙な一言、
「おっ、隠し通路発見!」
僕は子供の頃からこの神社が遊び場のようなものだったので今彼等が何処にいるのか手に取るように判るのですが、
「そんな所に通路なんかなかったはず…」
その後も状況報告が続きましたが彼等が今何処にいるのか全く分からなくなりました。
覚えているのは「狛犬が三匹いる」や「砂利敷きの道が終わり土の道に変わった」など意味不明なもの。
そうこうしてるうちに電話がなくなりかけたみたいで一旦切ることになりました。

その後、何故か電話はかかってこず、待てど暮らせど三人は出てきません。
一時間たっても出て来ないのでさすがに焦りを感じた待機部隊は中の三人を探しに行こうか考えましたが、
この三人もチキン。悩んだ挙句、
「きっと神主さんに見つかって怒られてるんだ」
と無理矢理話をまとめ、中の三人を見捨てて逃げるように帰りました。

次の日、三人は無事に帰ってきただろうか?中で一体何があったのか問いつめようと三人に近寄ると、何故か三人共怒っている。
怒るのはこっちのほうで怒られる覚えはない。訳が判らずとりあえず三人の事情を聞くところには、
「俺達は中に入って20分もしないうちに外に出てきた」
「外に出たがお前ら(待機部隊)は何処にもいない」
「お前(僕のこと)に何度も電話したがずっと通話中だった」
「俺らが怖い思いをしてる中、一体お前ら何処で何をしてたんだ!」
と、こうである。向こうは嘘をつくはずはないし、ついてるようにも見えない。第一それに加えて本気で怒っている。

こっちの事情を話すと、向こうは当然全く信じていない、
しかし嘘をついていないのはこちらも同じ。やっとの事で信じてもらえた。
しかし全く判らないのはあの電話。
お互い嘘をついていないのなら、あの電話の主は誰だったのか。一体何の目的があったのか。
ちなみにその神社は変わった造りをしていて、人が自由に歩けるのは神社の総面積のたった五割弱であり、その他は林とも森とも言い難い広大な空間が広がっている。
その森に何があるのかは神社の人間しかわからない。森の周囲は頑丈な塀が囲ってあるのだ。
僕が思うのは彼等はそこに行ってしまったのかもしれない。可能性としてはそれしか考えられない。しかしそれだと三人の話と全く食い違う。
また、後日にその隠し通路とやらを6人で探したがそんなものはやはり見つからない。
全く訳が判らない。

話と関係ないかもしれないが、後日おばあちゃんに聞いた話では、
「同じ肝試しでもお墓と神社では全く違う」と。
つまり「夜のお墓というのは幽霊が落ち着き、休まる場所であってよっぽど不謹慎な事でもしない限り、何も起こらない」
のだそうだ。が、「夜の神社だけはやめときなさい。神社はお墓と違って神様が集まる所なんだよ」と、そういう話である。
6人は神社の神様の怒りを買ってしまったのかもしれない。
現在、この6人はまだ何の祟りや不幸な事は何も起こっていない。
内、一人は東京に行って最近は連絡をとっていないが、僕を含む残り5人は今でも地元に住んでいる。
しかし神社での出来事は未だに謎なままである。最近ではこの話は仲間内ではタブーになりつつある。
7年前、中学三年の時に起こった、怖いというより不思議な、気持ち悪い話でした。
何度も投稿、及び携帯からの投稿により毎回IDが変わった事、
ついては日本語力の無さ等々、ここにお詫び致します。

終わり  





オカルトランキング


885 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 11:17:45.93 ID:/H8/w1z00
ここ最近の流れを読んでいて、この話が浮かんだ
『神の戦い』
ttp://khmb.blog92.fc2.com/blog-entry-3096.html
神と魔物はずっと闘っている。それを助けるのが霊能力者たち
『悪魔の最大の目的』
ttp://khmb.blog92.fc2.com/blog-entry-2638.html 
(>161からでおk)
悪魔の目的は霊を信じさせない=神を信じない人間を増やすこと
神は人間が信じないと弱くなってしまう

>それをいろんな人に伝えるのが霊能力者の役割で、
そういう人は神も魔物も見えちゃうし、魔物からしたら敵なので大変らしい。
ここで、れい子さんの方の息子さんを思い出した

>魔物憑きの人間は、やたら怖いもの知らずで、しかもそれを他人に押し付けて
くるような奴だから、すぐ解るらしい。
ここでマタギ付きさんを狙うやつと、死神のBを思い出した
  
886 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 11:18:08.45 ID:/H8/w1z00
私は神道系なんだが、ちゃんと祭ってから驚く程導かれているのに気付く
今まで気付いていない=感謝しない=神様力なくなっちゃう、だったかと思うと面目ない

身近に霊や神を信じない理系の人間が居るんだが、彼らを見ていると
ちゃんと守護様がいるのに、まったく信じて貰えてないせいで、助けの手も出す力が無い状態だ
当然そういう人は、良くない存在に狙われやすい

霊を信じないことが霊に対する防御だと思い込んでいた時期もあったが、
まったく逆だった
見えない存在に対抗するには、見えない存在に頼るしかない
まずはご先祖様、そして神様。お陰様を感じ、感謝の気持ちを伝える事が大切と知った今日この頃
長文スマソ
  
887 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 16:06:41.58 ID:oRQ2Fefk0
>>885
興味深い話ありがとう。
実は自分、『神の戦い』の方で触れられてた原住民なんだわ。
小さい頃からひどい迫害を受けて育ってきた、その理由がなんとなくわかった気がする。
でもその原住民のほとんどは目もあてられない低次元の人間になってるよ。

>日本まで逃げ込んで~~なんとか形勢を立て直そうと奮闘してるらしい
っていう一文が個人的にはめちゃくちゃ気になった。
神が特定の人種になるなんてことあるのかな?
奮闘って、具体的には何してるんだろう・・・?

自分の話ばかりで申し訳ないけど、「自分って何者なんだろう」っていう疑問が常に付きまとってる。
考え方、物の見方、趣味や行動が世間一般とはかなりかけ離れてると自覚してる。
大分前にネットで出会った巫女の家系の人から「自分の出自と向き合うことになる」って言われてたけど、
このことだったのかな・・・。
わからないことが多すぎてモヤモヤするわ!ww
  
888 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 16:52:36.67 ID:/H8/w1z00
>>887
なんと、アイヌの子孫の方ですか?
まだ迫害があるとか信じられません。マジ許せません
885の話が本当ならば、魔物に憑かれた人間の所業です
迫害され続ければゆがみますよ。しかしそれも奴らの狙い…

迫害された原住民といえばインディアンもそうですが、驚く程素晴らしい
独自の哲学、自然崇拝を持っていたそうです
アイヌには詳しくありませんが、彼らの自然信仰も素晴らしいものがありました
また言語も、あの響きは神の民と言われてしっくりくるものがあります

神道の元は自然崇拝です。彼らに学ぶべきところが沢山あります

熱くなってしまいました
>>864さんが書いてくれた、
「試練を乗り越えただけ人間は徳を積み魂が磨かれる。
 苦労が多ければ多い程、神仏に愛されている証」
この言葉を887さんにも捧げたい

私もいじめ、事故、裏切りなどろくな人生では無いでした
酷い目に遭えば人間は三種類。木に例えるなら、
折れて枯れるか、曲がったまま伸びるか、負けずに天に向かい成長するか

昔は「何で私ばかり…」と腐っていたけど、今なら試されていたと解かる
折れたり曲がったりしないように、音楽や本の言葉を通じてサポートしていてくれた事も

大好きなナウシカの言葉も置いておきます
「精神の偉大さは苦悩の深さによって決まる」

人と違うことはそれだけ多くの苦しみを生むでしょう
その苦しみを研磨機と思い、魂(精神)を磨かれて下さい
  
892 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 20:00:19.54 ID:eU6HP3w40
>>886
そこで理系の人って言われるとカッチン来るよ。
自分も理系だし、「信じない」と言うのは、
ただ探究心を止めないという意味合いが強かったりしますよ。
理系の人って、信じることは時に思考するのを止めることと同義にしますから。
  
893 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 20:06:22.65 ID:oRQ2Fefk0
>>>888
>魔物に憑かれた人間の所業
そのとおりだと思う。「アイヌ」っていう単語を知らないような子供や、
意識すらしていない大人たちが何度も執拗に狙ってきてる印象がある。

自分は幼いころに縁が切れてるから、あまり詳しいことはわからないけど
自分が見たあの人たちは自然信仰はせず、どっかの宗教を信仰してた。
多分現代社会に馴染むために元々持っていたものを捨ててしまったんだろうね。
だから自分は言葉も思想も知らない。
ちょうどご先祖の話をしてるから便乗しちゃうけど、私には親戚や先祖の縁がほぼない。
でもだからこそ世間の良くない考え方にとらわれずにいられるし、
自分が直感する人間じゃない存在を自分流に信じていられるんだと思う。

供養したり、相談したり、支援してもらえる先祖のような対象がある人はもっと歩み寄ってもいいと思う。
そういうのが無い側からしてみれば、あるだけでも羨ましいし、勿体無い。
自由と孤独は紙一重。おかげさまで人生ハードモードだぜ、ははは。
  
889 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 17:04:37.35 ID:oumYyqCV0
>>874
れい子さんにお供えなんだけど、まず自分のご先祖様や氏神様にちゃんとお供えしている?
それも無しで、余所様の守護霊にお供えすると、心証よろしく無い気がするよ

おじいさんやおばあさんに感謝しなさいってのは頭ではわかってるんだけど、うちの場合、父親が長男だからって伯母達の言いなりで
言われるままにお金出してきて、母や私達にいらない苦労させられてきて、祖父母(2人とも鬼籍に入ってる)はそれを窘めなてくれなかったんだよね。
それでも感謝しなくちゃいけないの?って気持ちが出てくるんだけどどうしたらいいんだろう。
  
890 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 18:29:20.40 ID:lsrksT9AO
>>889
なぜご先祖が…というと、一番守って貰いやすいから
逆に自分が先祖だとして、子孫は可愛いものだと思わない?孫溺愛の祖父母の如く
生前関係が深かった祖父母は特に守ってくれている

良く思えない祖父母だったとしても、その更に先祖はあなたを気にかけているかもしれない
何より私達が今生きているのは先祖のお陰だよね

お父さんも祖父母さんもお人好しだったんだね
私も祖父、父が同じだったからよく解る。でもそれとこれは別問題だと思う
親が金にだらしないと子供はケチになりがちだけど、感謝の気持ちはタダで出来るし、大切に想ってあげて下さい

余談ですが、家に災いがあるのは先祖のせいとか言う霊能力者は大抵インチキなので、引っ掛からないでねw
  
891 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 18:49:24.25 ID:9rmYFfwJ0
れい子さん投稿者です。

ご先祖様の加護が弱いと子孫を守りきれない事があり、
ご先祖様自体も心を痛めていたり、
苦しんでいたりすることが多いらしいです。
供養することや子孫が陰徳を積むことによって、
ご先祖様や守護霊様の霊格を上げる事かできるので、
子孫の心がけ次第で自分も先祖も良い方向に行くことができる。

って息子が話してました。基本的に先祖は子孫の味方らしいです。
  
894 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 20:43:39.10 ID:lsrksT9AO
>>891
おお、れい子さんの方だ
私言葉を上手くまとめられないので、
何だかフォローして下さったみたいでありがとうございます
陰徳積もう。陰ってマイナスなイメージの漢字ですが、お陰様、陰ながらとか好きなんですよね
  
895 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/07(木) 21:19:28.81 ID:7bc3YC2S0
すまん。霊能力者を持ち上げすぎでちょっとひっかかった。
「魔物に憑かれた」人たちで最もたちが悪いのは
真実の話の中に嘘をちょっとだけ混ぜてくる人達。
嘘のせいで、一見見かけは本物にみえても、話の性質は100%違っている。
今はそういう霊能力者が多いから気をつけてね。
玉石混淆、ちょっとでも違和感があったらいったん立ち止まるようにしてほしい。
実は自分自身が一番本物を知っているから。

>>889
凄いなぁ。
先祖を敬うことはもちろん大切だけど、
自分の気持ちを自覚することはとても重要だと思うよ。
まずはお仏壇に手を合わせて、したくないっていっている自分と向き合ってみればいいんじゃないかな。
おのずとさらに奥のものに気づいていくと思う。
たぶんそれが、ご先祖様のメッセージだったり、神様の言いたいことだったりするんだよ。
  
896 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 22:07:52.49 ID:eU6HP3w40
>>895
??ちょっと良く分からなくなったのですが、
「魔物に憑かれた」人達の中で質の悪いのは、
故意にウソを混ぜて来る人と言う意味でしょうか。

と、なると「魔物」≒「人の欲望」ですか?
  
897 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 23:04:57.84 ID:dv4mkl850
自分もあまり先祖といっても素直に敬う気持ちになれないので、
まずは先祖でしょ!といわれると、ひいてしまう。
直接知ってる先祖なんてごく一部なのにね。

それでも守り、導いてくれる存在に対する感謝は素直にできるから、
先祖という固定観念にとらわれずに、縁あって導いてくれる善きものに対してで
いいのじゃないかと思う。

れいこさんへのお供えうんぬんは、大変な目にあってる知り合いに差し入れするような
ものだし、別に遠慮しなくてもいいんでない?
  
898 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 23:48:49.30 ID:4RPofEwS0
>>896
>「魔物」≒「人の欲望」
というよりは“摩物は人の欲望に付け込む”と考えてみてはどうでしょう。
食欲や睡眠欲は個体保存のため、性欲は種族保存のため(あるいは自分の
遺伝子を継続させるため)の動機として与えられたのに、本来の目的を
離れて享楽の道具にしてしまうと魔物が付け込む隙をつくってしまうの
だと思いますよ。
  
899 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/08(金) 00:33:09.10 ID:C9HTbmbY0
>>896
895です。説明下手ですまんorz
自分が指した「魔物に憑かれた人」というのは、霊能力者限定で解釈してくれ。
今流行のチャネリング系とかな。
そんな霊能力者がどんな理由で嘘混ぜ混ぜ話をしているのかはしらん。
魔物を神様と心底信じていて教えを説いている気持ちの人もいるだろうし、
自分の欲で魔を利用しているつもりで利用されている人もいるだろう。
だが言葉に力があることは確か。だから性質が悪い。

そして「魔物」っていう単語の印象が強くて、
この言葉が独り歩きしないかちょっと心配になった。
魔物=悪と安易に考えないようがよろしいかと。
今は悪と感じても、蓋を開ければ…なんてことはざらにある。
ましてやここは神様へジョブチェンジが可能な国だからなw
  
900 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/08(金) 01:05:57.26 ID:tnGJjoKZO
そういえば「先祖」って言われても具体的にイメージできないけど
300年守った宿帳?のある母方の仏壇なら、不思議とはっきりイメージできるわー……。
現在地と父母の実家を線で結ぶと、日本列島を使ったバミューダトライアングルみたいになるのにw
よかった、これだけでも少し心強いよ。
  
901 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/08(金) 01:21:16.35 ID:tnGJjoKZO
あ、心強いってのはアレね、お供えする場所が決まって、
「次からアチコチ迷わずお供えしたり、手を合わせたりできる」っていう安心感ねw
  
902 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 01:44:30.29 ID:gLYoERUQO
神様にジョブチェンジ…オカリナ悪魔か。

前世スレで、遊びの一貫として自分の事を殺した貴族?が
今生での曾祖母(投稿者が生まれるずっと前に他界)って人がいた。
その人は先祖供養に抵抗があるとも言ってたのを思い出した。
  
903 名前:896[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 01:59:01.37 ID:lMaHBDIB0
>>898 さん
>>899 さん
お二人方ありがとうございます。
色々考えさせられました。
  
904 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 02:04:55.51 ID:09Dq5kEg0
職業:悪魔→転職:道祖神

こういうことですねwわかりまry

自分は家に仏壇や神棚があるからか、仏壇にお菓子を供えたり手を合わせたり
御盆のお墓参りをするのが当たり前というか習慣になってますね
先祖供養については育った家によって異なるのでは?
とりあえず他宗教でない限り仏壇の有無が大きな違いになってる気がします
  
905 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 09:22:43.10 ID:jk0lcfao0
よくよく考えると、生前に迷惑ばかり掛けてた家族が先祖に仲間入りしたとして
そいつが真っ先に生きてる人間の守護に回るわけがない、と思った。
未熟な奴は先祖霊には並べないんじゃないか?
自分の嫌いな奴がいるかもしれないから、先祖霊に対して手を合わせるのに抵抗があるのもわかるけど
人から嫌われるような奴はまず先祖霊に仲間入りするまえに反省部屋に連れてかれて、
その後人間世界に再出荷されるんじゃないかなぁ。
聞いて答えてくれる先祖霊なら、嫌いな奴がそっちにいるのか聞いてもいいかもね。
  
906 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/06/08(金) 11:04:05.82 ID:LkZgufDCO
>>905
祖父が妹に生まれ変わって、生前可愛がっていた姉を助けている、うちみたいなパターンもある
姉が鍋に火をかけたまま寝てしまい、急に発熱して帰ってきた妹が助けた事があった
  
907 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 17:20:58.53 ID:VdynNlI/0
亡くなると生前の人生をまとめたノート的な物を取りに行ったり提出したり
事務作業をこなした後に、今生きてる人を見守るかすぐ生まれ変わるかの選択をするらしい
嫌われていても、見守りたいと思えば見てるかもしれない。
見守る選択をした亡くなってすぐの先祖霊はわりと多くの子孫をチラチラ見て回ってる事が多いから
気にしなくていいよ。
それより、嫌いって気持ちが、割とどうでもいいって思うくらいまで軽くなると
自分の人生がもっと楽しくなるよ。
  




423 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 20:33:48.37 ID:SyHdtqTb0
お供えといえば、うちの神棚には伏見系の狐さんを祭っているんだが、
甘いものを上げると妙に嬉しい気配がする。
この前思い立ってぜんざいを上げたら、
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! みたいな桁違いの喜び波動が顔にぶつかった。

どこかで神様全般、甘い物大好きと書いてあって、納得した次第。



424 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 20:40:59.24 ID:SyHdtqTb0
ついでにオカ板っぽいことを書く。
週に1回くらい近所の古い神社にお参りに行く。
するとその夜は必ず稲荷神社の夢を見る。

 
社は小さくて、京都の街中にあるような感じ。全体的に赤い。
いつも印象的なのは、灰色のボーリングのピンくらいの大きさの狐像がある事。
首には赤い涎掛けをしている。
狐像って、白い陶器製のしか見たことないから、珍しくてじーっと見ている。
特にお参りするでもなく、誰かを待つようにずっと立っている夢。

 
行ったことは無い神社で、多分画像で見たところが出ているだけとは思うんだけど、
なぜ参拝した夜だけ見るんだろうと、不思議でならない。
「そっちじゃなくて、こっちこいやー!」だったらどうしようw
でもこっち稲荷神社無いので勘弁してw




426 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 00:47:13.42 ID:2r7gZgF60
前にどっかのスレで、バレンタインに神棚に義理チョコお供えしたら
 しっかり味が抜けて立って話あったなw


オカルトランキング




788 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 18:30:40 ID:HEX3Pcn/0

母親の部屋の襖に描かれた壷の絵から、河童みたいなのが飛び出して去ってった事があったんだよね… 
一緒の布団に入ってた妹もその事覚えてるし、母親もその話するといきなり不機嫌になる。 
今ではその絵の前に、玄関に置いてあった靴箱を無理矢理置いちゃって、
部屋がとんでもなく微妙なレイアウトになってる。
母の部屋が靴だらけで笑うしかない。

10年くらい前には、何も入ってなかった屋敷神様の祠に、妹が紙粘土で狐の人形を作って入れて、
その直後に妹は狂ったように暴れる、徘徊癖、部屋に入ると1ヶ月近く何も食べない出てこない… 
(屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、妹はこっちも御狐様かと勘違いしたのかも) 

これだけじゃないけど…正直、自分の家なのに凄く怖いです。
知らないおじいさんと子供もいるみたいで、
外にある鉄の階段を上り下りする音が、毎年初夏の早朝聞こえてきたり。
何なんだろう。とにかく家が歪んでるみたいな気がして怖いです。
外に出かけると稀に脳みそに直接響くみたいな感じで、周りに誰も居ないのに超至近距離で囁かれたりします。


791 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:25:39 ID:Y+qDG4GDO
>>788 
古い家だったりするの? 
それとも曰くのある土地だったり。 


792 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:28:34 ID:HEX3Pcn/0
788です。 
住んでるのは富士山麓・・・えっと、正直に言うと富士五湖周辺の某地です。
家も古いし、土地も人の住むような場所じゃない所を、無理矢理整地した様な溶岩台地の上に住んでます。
やっぱり土地が悪いのでしょうか。


794 :本当にあった怖い名無し:2008/02/18(月) 20:53:06 ID:HEX3Pcn/0
初めの書き込みがあまりに支離滅裂で申し訳ありません。 
もう少しだけ詳しく書きますね…。連続での書き込みをお許し下さい。

河童っぽいヤツ→とにかく頭と目が身体に対して物凄く大きい。 
サッカーボール程の頭に布切れみたいな身体(?)。
でも地元では、河童信仰というものは全くありません。

祠事件(と我が家では呼んでます)→妹の部屋の入り口に、おにぎりやお茶を置いても手を付けた形跡全く無し。
いきなり失踪したかと思えば、裸足で河○湖まで素足で徘徊。 
親も流石にヤバイと思い、部屋から叫びまくる妹を無理矢理引きずり出して御祓い。 
その後は以前よりマシにはなりました。
神主さんに言われて、今でも毎月24日ごろに、卵やお米等、色んなお供え物をして祠と御社を祀ってます。

家に居る知らないおじいさんの霊みたいなのは、 
屋敷神様の祠に住み着いた隣の人の霊だと、御祓いしてくれた神主様に言われました。
(これは話すと長くなります;) 

子供は謎です。夏になると聞こえる足跡が軽いので、子供だと思うのですが… 

…書き込みながら色々思い出して、またパニックになりかけてしまいました。
読んで下さった方には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですorz 


803 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 02:58:26 ID:CwfHQw0B0
794…というか788です
アンカーの付け方を知らないので解り辛いですね;すみません。
私の話に耳を傾けて下さる方がいらしてくれて嬉しいです…有り難う御座います。

えと、妹は数年前の御祓い後、段々と普通の女の子の様になってきましたが、
その時に中学3年生だったので高校入試に間に合わず、結局は中卒になってしまい、
現在は自宅にて通信教育をして、今までの遅れを取り戻そうと頑張ってます。(因みに20代前半です)
御祓い等、その時の事は触れないようにしているのですが…
あの時に自分で自分の髪をむしってしまって、今はウイッグで誤魔化してます。
毛根にダメージがいってしまったのか、全然生えてこないんです。髪が。 
また…ふとしたきっかけで、今度は別の家族の誰かがああなりそうで怖いです。

屋敷神様の件なのですが、今の新しい社に変える前の古い社に、
何故か隣のお爺さん(かなり昔に亡くなられてる方です)の名前が書かれた、お札が入っていたそうです。 
お彼岸とかでお墓参りする時に、その人のお墓にもお線香をあげに行ってます。 

そういえば台所にも、台所の神様に隠しているような感じで、別の神様がいます。
真っ黒い、握りこぶし大のダルマのような神様です。
これといった話は無いのですが、不思議で堪りません。
新米とイワシを食べる日には必ず、この神様にもお供えします。誰なんだろう? 

裏庭にも小さい神様が居るので、ほぼ家の四隅に何かしらの神様を祀ってます。
友達や知り合いに聞いてみたのですが、
屋敷神様や神棚はあっても、私の家の様に沢山は祀っていないそうです。 

あと外の鉄製の階段。
その階段を下りると、目の前にお稲荷さんと屋敷神様の社があるので、夜は降りるの怖いです。
霊感が少しでもある人なら、先ずココで気持ち悪い、寒いって思うらしいです。
神様なのになんでだろう…と不安になります。 

父の部屋に飾られた刺繍絵の湖の水面が動いたと、家に遊びに来た友達が騒いだ事もありました。

面白い、と思って下さったのなら、勇気を出して書き込んだ甲斐があります。
本当は「これからどうしよう」っていう気持ちでいっぱいなのですが; 
今後が心配だし、とにかく怖いです。毎回長文ですみません。


807 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:22:48 ID:bo5iRB1+O
>>788 
>屋敷神様の祠の直ぐ隣にお稲荷さんの祠もあるので、 

 
これはマズくないの?祠だから大丈夫なのかね…よく分からんが。
ずっと昔からそういう状態なの? 


808 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 03:26:03 ID:qa18t4R50
速攻で引っ越す事をお奨めしたいな。 
正直、それだけの目に逢っているのに、まだその土地に居るって事そのものが、土地に縛られてる。 

隣に何時人を刺すか判らない(しかも刺した事のある)通り魔が住んでいたら、引っ越すしかないだろう? 
状況はそれよりも悪い様な気がするな。 


810 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 04:54:40 ID:UqA0qGjf0
ケガレチの封印にしか見えん803の家。 
もう家族全員が異常に慣れてしまってる感じ。 
生贄状態なんだと思う。 
家族の誰かが変死しても、それをおかしく思わないようになってくる。 
まだ正気が残っている今の内に引越しするのが先決だろう。 
手遅れにならない内にね。


811 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:20:58 ID:8zS8TP32O
お守りでさえ喧嘩するってよく言うのに、そんなに神様奉って大丈夫なのかな? 
>>803
そもそも神様ってのはたたるもんなんだよ。


812 :本当にあった怖い名無し:2008/02/19(火) 07:29:44 ID:WrIXtppY0
>>811 
そうそう。 
祠なんかで祭られてる日本の『かみさま』ってのは、たいていが雑魚の低級霊で、
そもそも人間を守るようなもんじゃなく、むしろ逆にキゲンをそこねないようにと祭ってある場合がほとんど。
「○○しないと、悪さするぞ」とばかりに脅しをかけてくるような、霊界のヤクザみたいな存在だよ。 
そんなものを大量に敷地内に飼ってたら、平和に暮らせるわけがない。 
さりとて、霊界ヤクザに出て行ってもらうのは難しい。 

ヤクザに取り囲まれた家でおびえて暮らすより、逃げ出した方が利口。


☜1日1クリックの応援お願いします




34 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/12(金) 17:00:01.19 ID:pe/bqLnV0.net

ここでいいのか分からないけど、私が怖い話。

小さい頃からずっと「我が家には蛇の守り神様がいるんだよ」って言われて育った。
その蛇ってのは、3m位あるでかいのと、一回り小さいやつの2匹。
蔵の中に住んでるらしいんだけど、「この家で一生を過ごす女性の前にしか姿を表さない」って話だから実際信じてなかった。

数年前仕事の関係で地元に戻る事になったけど、
子持ちの兄夫婦が実家に住んでいるので、お互い気を使うだろうとアパートを借りる手筈でいた。
でも思わぬ臨時収入があったり兄夫婦や親の勧めがあったりで、実家の敷地内にトレーラーハウス置いて住む事に。
蔵に灯油タンクがあるから毎年出入りはしていて、今年とうとう私が蛇を見た。
今冬だし変にでかいし、何より1匹はコブラみたいなやつだったからとにかくびびった。
サイズは正直分からないけど、とにかくでかいアオダイショウみたいなのと、
それより一回り小さくてアオダイショウと同じ柄だけど、コブラみたいに顎下が広がってるやつの2匹。
いつ近付いたのか分からないが結構近くにいたし、
どうしていいのか分からなくて、視線を逸らさないようにしてゆっくり後ろ歩きで蔵から脱出。
今思えば熊じゃないんだからって思うけど、その時は凄く必死で死ぬかもとか思ってた。守り神云々とか頭になかったし。


35 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/12(金) 17:00:45.40 ID:pe/bqLnV0.net
急いで父に「蔵に蛇が居た!!!」と言いに行ったら、柄を聞かれて、アオダイショウだったけどコブラもいたと報告。
父急激にテンション下がる。私不安になる。
「お前は嫁に行かないのかなぁ」って父の台詞で私も気付いて青ざめた。
同じく未婚で蛇を見た曾祖母は四人姉妹で婿を取ったけれど、私は妻子持ちの兄がいる。
私は結婚が出来ないのかもしれない。いまだ眉唾だけど正直怖い。
ちなみに亡くなった実母はみた事がなかったらしいけれど、義母は結婚の挨拶に来た時見たらしい。
曾祖母姉妹は二人が蛇を見たらしいけれど、ひとりは一度は結婚して家を出たけど死別ですぐに戻ってきたって話。

今思えば色々守ってくれたんだなと感謝したくなる事は沢山あるが、人の生死まで嗅ぎ取ってるのかと思うと結構怖い。



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ