【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:葬儀



157 :本当にあった怖い名無し:2010/03/27(土) 02:47:34 ID:89Wm2do80
ウチの実家のあたりで昔からの迷信みたいなもので、『きじょさん』って呼ばれてるモノがいる。
葬儀帰りに、家に入る前に清めの塩を振るってのがあるが、
地元では、葬儀帰りに塩で清めた後、必ず履物を外側に向けて揃えて脱いで家に上がるという風習がある。
そうしなければ、きじょさんが家まで上がり込んで来てしまうことがあるのだという。

仮に、きじょさんが家に上がり込んで来てしまうとどうなるか?
葬儀の夜、その人間の夢枕に、黒く塗りつぶされた顔に黒尽くめの喪装の人物が現れる。
夢枕に立ったその人物(きじょさん)は問いかける。
「汝、きじょ也しや?」
その問いかけの答えを待つことなくきじょさんは姿を消して、夢から覚める。
その後はしばらく何も起こらないが、
四十九日の真夜中に、今度は夢枕にではなく実際の枕元に再びきじょさんが現れ問いかける。
「汝の右腕、如何にして動かしたるか?」
その問いに呼応して右腕が動かなくなる。
続けてきじょさんは問いかける。
「汝の左腕、如何にして動かしたるか?」
その問いに呼応して左腕が動かなくなる。
続けてきじょさんは問いかける。
「汝の右足、如何にして動かしたるか?」
その問いに呼応して右足が動かなくなる。
続けてきじょさんは問いかける。
「汝の左足、如何にして動かしたるか?」
その問いに呼応して左足が動かなくなる。


158 :本当にあった怖い名無し:2010/03/27(土) 02:48:39 ID:89Wm2do80
最後にきじょさんは問いかける。
「汝の心の臓腑、如何にして動かしたるか?」
その問いに呼応して心臓が止まる。
このようにして、翌朝には原因不明の心不全の死体が出来上がる。

ただ、きじょさんが家に上がりこんでしまった場合の対処方法も存在する。
きじょさんが最初に夢枕に立った翌日から四十九日までの間、
毎日帰宅した時に、履物を外側に向けて揃えて脱いでから家に上がればいい。
そうすると、四十九日の真夜中にきじょさんは現れるが、
「努々些事を疎かにすること莫れ」と言い残して、何もせずに去ってゆく。

地元でずぼらな人間に対する戒めが迷信と化したものだと個人的には思ってるが、
ウチの爺さんが、
「ここ最近、きじょさんが夢枕に立ったって話をめっきり聞かなくなったなぁ。
 もしかして余所にでも行ったんかいの?」
と言ってたのが少し気になる。
よくお悔やみは続くって言われるが、地元でしか聞かない話だし、まさかコイツのせいではないとは思うけど。





オカルトランキング




176 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 02:37:31.42 ID:9Aks+Iff0.net

おばあちゃんの葬儀を父の知り合いの葬儀社でお願いしたんだけど、
葬儀から二週間くらいたったくらいに葬儀社から電話がきて、おばあちゃんが葬儀社に居ついてしまい困っていると言われた。
会館の人が作業していると後ろに立っていたり、ドアの隙間からこちらを見ていたり、祭壇の裏や地下駐車場に隠れていたり。
ばあちゃんの葬儀の後に親族控え室(泊まれる)を使った人からも、
何かがいる気がして落ち着かないと、クレーム的なものが数件あったらしい。 
費用はこちらで負担するから、もう一度ご住職を読んでお経をあげようと提案されて、 
もう一度家族で会館に出向き、ご住職に読経をあげてもらった。 
それからしばらくは何もなかったみたいなんだけど、 
今度はうちの母親が、おばあちゃんが夜中に部屋を覗くと言ってノイローゼみたいになってしまった。 
夜中に寝ていると、静かにドアが開いて、隙間からおばあちゃんが部屋を覗くらしい。 
同じ部屋に寝ている父も、おばあちゃんの姿は見えないけれど、ドアが開くのは何度も見ていた。 
またご住職を呼んだけれど、おばあちゃんは部屋を覗くのをやめなくて、父と母は家を人に貸してアパートにうつった。 
人に貸してる家の管理会社に弟が勤めているけど、今のところクレーム的なものはないみたい。


177 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 06:26:28.71 ID:HizMOAXp0.net
俺葬式の時に家が神道な関係で爺ちゃんの棺桶と同じ部屋で一晩過ごしたけど何も無かった


178 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 07:55:22.58 ID:9Aks+Iff0.net
>>177 
うちは浄土宗なんだけど、葬式の時はなんてことなかったんだよ。 
なのになぜ葬儀屋に出ちゃったのか不思議でならないよ。 

母親のは思い込みのような気もするけど、
ドアが開いたのを見てからは父もげっそりするし。 
今まで寝ていた母が、ドアが開いた瞬間起きて、来たでしょ?って聞くのがたまらなかったみたい。 
父も、ドアが開く時は自然と目が覚めてしまうんだって。 
一階にある和室の一つを祖母の部屋、襖続きのもう一つを弟が使っていたけど、そちらはなんともなかったみたい。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ