【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!



54:本当にあった怖い名無し:2006/03/32(土) 00:53:56 ID:TptmrzYoO

この話は大学に居た時の話。霊感?って言うかその世界の事を深く知ってる人と出会った時の事。

当時俺は幽霊とかって全然信じてなかったんだけど、大学入って、二ヶ月も経つともうすっかり信じてた。
その二ヶ月の間に何があったかって言うと、ある人に出会った。

きっかけは幽霊信じてる友達に「霊なんて居るワケないし。そんなに自分は特別なんだって思いたいの?」って言った事だった。
その時の俺は何か機嫌が悪くて、次の日に凄く後悔した。
そしたらそいつ、「ちょっとついて来い」って次の日にやって来た。昨日の事怒ってんのかなー?なんて思ってたら、
会わせたい人が居るって言って、食堂に連れていかれた。
でもって、食堂で待ってたのは優しそうな女の人。童顔で目が少し垂れ気味で、可愛いなーって思ったのを覚えてる。
その人見てたら友人が、
「じゃ、あの先輩と話てみ。信じるようになるから」

55:本当にあった怖い名無し:2006/03/32(土) 00:54:56 ID:TptmrzYoO
はあ?教祖かなんかか?って思って、用心しながらその人に向かい合う席に座った。
そしたら
「肩凝ってない~?」
ってふにゃふにゃ~って感じで笑いかけて来て、何か毒気抜かれちゃって。
それにここ最近肩が妙に凝ってたのも確かで(今思うと異常に凝ってた)
「あ、凝ってますね」
って言った。
そしたら、やっぱり~?って言いながらまたふにゃふにゃ~って笑って、
「じゃ~揉んであげるね~」
その人、席を立って俺の後ろに立つと、肩を揉み始めた。これがヤバイくらい気持ちいいんだ。
「あーやば、気持ちいいっす」
「でしょでしょ~」
で、気持ち良すぎてだんだん眠くなってきた。
「あ、すいません、眠りそうっす」
「あはは、寝ちゃえ寝ちゃえ~」
そしていつの間にか眠ってたんだけど、突然ガバって目が覚めた。
「あ、落ちたよ~」
先輩が一言言った瞬間、目からドバドバ涙が出てきた。
訳分かんなかったんだけど、なんか悲しくて涙が止まらなかった。
「大丈夫大丈夫。悲しいよね。大丈夫」
先輩は俺(?)を慰めてくれた。で、それから俺は霊の存在を信じる様になった。

56:本当にあった怖い名無し:2006/03/32(土) 00:57:00 ID:TptmrzYoO
後で先輩に聞いた所、その時俺の肩についてたのは、【掴む人】って種類の霊だったらしい。
先輩が言うには、俺は霊感は人並み程度、普通くらいらしいんだが、異常なくらい【掴む人】を引き寄せる体質らしい。
しかも肩を揉んだ次の日、また【掴まれて】たとの事。なんなんだ、俺w
その事があってから、俺はだんだんとオカルトにはまり出して、先輩から色々教わったりして、いつの間にか、
先輩の事を先生、て呼ぶようになってた。それから先生とその仲間?と色んな事に首突っ込んだりした。
その話は、よければまた今度したいと思う。







1: 名無し 2019/07/17(水) 00:35:58.289
違うの?



3: 名無し 2019/07/17(水) 00:36:33.253
違うよ
 

4: 名無し 2019/07/17(水) 00:36:33.744
神武天皇じゃなかった?
 

5: 名無し 2019/07/17(水) 00:37:32.038
日巫女だぞ
 

6: 名無し 2019/07/17(水) 00:37:43.604
同じの可能性はあるよ
天岩戸の神話は卑弥呼が死んだ時に起きた日食が元になってる

 tat_main

10: 名無し 2019/07/17(水) 00:38:46.441
>>6
それイザナミとイザナギの話じゃなかった?
 

7: 名無し 2019/07/17(水) 00:37:44.437
ロマンあるが都合が悪いらしい
理由はしらん
 

14: 名無し 2019/07/17(水) 00:41:42.357
>>7
天皇が邪馬台国の子孫になってしまう
大和王朝の天皇が邪馬台国のを滅ぼして日本を統一したってのが一般的な歴史認識
 

17: 名無し 2019/07/17(水) 00:44:09.315
>>14
もっと古い出雲大国が無条件降伏したのは邪馬台国だろ?
 

8: 名無し 2019/07/17(水) 00:38:10.702
神格はないから
 

9: 名無し 2019/07/17(水) 00:38:38.606
四国だからな邪馬台国は
 

11: 名無し 2019/07/17(水) 00:39:52.871
手塚治虫の火の鳥ではそうなってたっけ
 

12: 名無し 2019/07/17(水) 00:40:06.428
邪馬台国はそもそも淘汰された国だって説が大きいだろ
 

13: 名無し 2019/07/17(水) 00:40:18.821
邪馬台国

やまたいこく

じゃま(な)大国

大和朝廷「ワシが滅ぼした!」

 

16: 名無し 2019/07/17(水) 00:43:49.262
>>13
漢字は中国人が勝手に当て字しただけだから
 

20: 名無し 2019/07/17(水) 00:47:13.770
そもそも天照大神は神話上の存在だし卑弥呼は実在の人物じゃないの?
 

23: 名無し 2019/07/17(水) 00:50:46.964
>>20
神話は作ってる部分も多いけど元々の人物史があって作られてるから繋げて考える事は多い
例えば古代出雲の話とかね
 

18: 名無し 2019/07/17(水) 00:44:12.974
邪馬台国
やまとわいこく
やまとこく
大和国
大和朝廷
 

21: 名無し 2019/07/17(水) 00:49:18.810
邪馬台国はそもそもヤマトコクと読んでいたという説がある
 

25: 名無し 2019/07/17(水) 01:01:29.437
大和朝廷が出雲の名前は出すのに卑弥呼の事はほとんど言及していないのが怪しいらしい
 

22: 名無し 2019/07/17(水) 00:49:20.023
結局どこにあったんだろうな








34:15/05/19(月) 10:32:25 ID:YXprD5wPO
妹の話。
小学校低学年の頃、父に遊んでて良いよと何百円か渡されて、ゲームコーナーで妹と放流された。

二人それぞれ好きなものを遊びに行き、しばらくして手持ちもなくなったので妹と合流しようと姿を探すと、じゃんけんゲームで遊んでいる様子。


34:15/05/19(月) 10:32:25 ID:YXprD5wPO

…なんだけど、それを囲んでけげんな顔をしている子供や、その保護者っぽい大人達がいる。妹が何かやらかしたか!?と思い、あわてて近づいて行くと、なぜみんながそんな顔してるかが分かった。

「アーイコデショ!アーイコデショ!アーイコデショ!アーイコデショ!アーイコデショ!アーイコデショ!…」
妹がメダルのじゃんけんゲームでずーっとあいこ出してる。あの特徴のある声がずっと鳴り響いてる。
横目で私を確認した妹が「来てからずっとこれやってる」とうんざりした顔しながらも手を止めない。

遊びに来てから30分はたっていたので驚いたものの、もしかして機械が壊れてるんじゃ?と思いゲームコーナーの人呼んで来るかを妹に聞いた所「何か声がする」と妹が答えた。

「グー、グー、パー、グー、チョキ、チョキ…」

つぶやきながらその通りにボタンを押す妹、結果は変わらずあいこ。

声って何…と思いつつも見物してた20分程の間もあいこを続けていた。父もベンチで退屈そうだったので、もう帰ろうと言うと
妹「私つい声の通りに押しちゃうから、姉ちゃん合図したら適当なの代わりに押して……今!」
あわてて適当なボタンを押したら「デコー!」負け、長かったあいこは止まった。

 

34:15/05/19(月) 10:32:25 ID:YXprD5wPO
妹に一体どういうことなのか話を聞いた所、ずっと頭の中にグーチョキパーを指示する声がしてたそうな。

どうせならあいこじゃなくて勝たせてくれたら良かったのにね、なんて話をして終わったんだけど、その後も妹には声が時々あった。

桃鉄や人生ゲーム系のゲームをやっている時にサイコロを望む目に出す。リアルのサイコロの目も自在に出す。競馬みたいなメダルゲームで当たりを教える。

カードを出す機械でキラが出るタイミングを当てる。伏せたトランプを当てる。

本当に微妙なものばかりなんだけど、メダルゲームのあいこみたいに連続で当てて来るのでちょっと気味が悪かったw
学校でトランプ当てやってドン引かれたり、競馬のメダルゲームでちょっと揉めたりしたらしいけど、特に害もなく損得もなかったらしい。

高校になる頃には声がすることはなくなったそうだ。

 





427 :本当にあった怖い名無し:2023/05/22(月) 00:39:00.09 ID:gfxRvXe50.net
霊とかじゃなくて集団ヒステリーに遭遇した(私だけが)怖かった本当にあった出来事書きます。
高校生の時、合宿で中途半端に田舎の宿舎に泊まった。
その日は妙な天気で冬なのに生暖かい強風が吹いて台風の前みたいで木造の建物や窓がギシギシすごい音たててた。おまけに夕焼けがすごい赤くて血の色みたいで不気味だったりもした。これが遠因だったと思う。

夜8時ごろ、自由時間だったので大き目の和室で10人くらいで座卓を囲んでおしゃべりしてた。で、私は用事があって小一時間くらい席をはずしたんだけど、戻ってきたら雰囲気が一変してた。うるさく騒いでたみんなが2、3人づつの塊になって壁際に後退してうつむいてる。

428 :本当にあった怖い名無し:2023/05/22(月) 00:40:36.27 ID:gfxRvXe50.net
私が「どしたの?」と聞くと、一人の子が顔を上げて
「今から大地震が来る。山も噴火して、大災害になって、もし生き残れても家に帰れないのっ!」
実際はもっと色々言ってたけど概ねこんな感じの事を言う。しかも最後の方はほとんど叫んでたし、泣き始める子まで出てきた。こわい~とかどうすればいいの?とか呟いて。
私は訳がわからなすぎて思わず「ちょっとみんな!」とスゴい大声を出してしまった。

全員が静まり返って顔を上げ私を見たその直後、私の足首の後ろあたりでペシャ!って音がした。みんなの視線が一斉に私の顔から足元に移り、次の瞬間、ウギャー!とスゴい悲鳴が響き渡った。
恐る恐る後ろを振り返ると、そこにあったのはカレンダー。私は部屋に入ってドアの前で棒立ちしてたんだけど、そのドアに銀行なんかで貰えるツヤツヤした紙で風景写真の月めくりカレンダーが画鋲で留めてあったのね。開閉を繰り返すドアに意外と重いカレンダーが画鋲一つで留めてあったから、いつ落ちても不思議じゃなかったと思うんだけど、あまりにタイミングよく落ちて、でもただそれだけなのにそれがスイッチになってしまったみたい。
その後はもう地獄絵図っていうか、全員、女子高生が人前じゃ絶対見せないような鼻水とヨダレを垂れ流すガチ泣きで叫びまくってる(お母さーん!って言うのが多かった)。

で、私は金縛りにあったみたく動けなくなってしまったんだけど、みんなの様子が怖すぎて見ちゃダメだと思って座卓に視線を移した。座卓の上はお菓子とジュースのボトルとコップで散らかってたんだけど、私が目をやったその途端、ガラス製のコップのひとつがいきなり割れたのよ。破裂と崩壊の中間くらいな感じで、ガラスがバラバラーってなった。
その時の私はビックリというよりハァ?って感じで、でも何故かそのおかげで我にかえって体が動きだし、急いで先生を呼びに行った。

429 :本当にあった怖い名無し:2023/05/22(月) 00:41:27.49 ID:gfxRvXe50.net
その後は大人2人と私でみんなを落ち着かせ布団敷いて寝かしつけた。
翌朝、みんなは超サッパリした感じで朝からキャッキャしてて本当にムカついた。一体何がキッカケだったのか聞いてみたんだけど、私がいない時に建物マジで壊れるんじゃ?って位スゴい強風が何度も轟音をたてて吹きつけてたらしい。その時誰かが「関東大震災の前もこんなだった」って言い出してそこからジワジワ恐怖が伝染して、と言うんだけど、この時阪神大震災の10年後くらいだったし、何故に関東大震災?祖父母世代の出来事でしょ、誰が言ったの?と聞いても誰も覚えてないっていうのがちょっと怖かった。

のちにこの話を知人にした時に知ったんだけど、あの時のコップは物理強化ガラス製で、丈夫で割れにくいけど突然壊れる事があるとか。多くの飲食店がそのコップを使っていて有名な話だそうで、なーんだと思った。
でもカレンダーやコップのタイミングを考えると、ポルターガイストは若い女の子の力って説が正しいかもしれないとも思うし、怖くて不思議な出来事だった。









771: 本当にあった怖い名無し 2010/09/20(月) 07:10:59 ID:PBeNwyBx0
高校時代に連れと5人で沖縄に遊びに行った。
予約してた民宿は最初5人・1部屋で泊まってたが、一番奥の部屋が空き部屋だと
わかり、5人では狭く感じてたので、その部屋を貸してくれと頼んだ。
すると民宿の人は、別に使ってもいいけど後で苦情を言わないでね。
と言われた。しかも料金は要らないという。

みんな何かワケでもあると思ってたが、別に気にすることなくその部屋に2人泊まった。
すると夜中にその二人が元々いた部屋にやってきて、何か嫌な感じがするので
こっちで寝かせて欲しいと頼んできた。暫くしてみんなでその部屋の様子を
見に行った。確かに異様な雰囲気がする。その部屋にいてから1時間ぐらい
たっただろうか。部屋が小刻みに揺れだし、多数のうめき声が聞こえてきた。
時折、窓を叩く音がするし、真夏なのにエアコンもつけてないのにヒンヤリしてきた。
すると突然部屋の電気が消え、みんな一斉に金縛りになった。

水をくれ!水をくれ!と、多くの人がどこからか叫んでいるのが聞こえてくる。
ふと窓の方を見ると、大勢の兵隊さんの格好をした人がこっちを見ている。
もうみんな恐怖で声が出ない。体が動かない。
やっとの思いで、一人がドアを開けた瞬間、今までの恐ろしい現象はピタッと消えた。
もうみんな汗ビッショリで顔が引きつっていた。みんな元々いる部屋に戻った。
翌朝、民宿の人にそのことを言ったら、あの部屋には戦時中に亡くなっていった兵隊さんの
霊魂がやってくるという話だった。





↑このページのトップヘ