実家にある掛け軸の話。

いつ誰が買ってきたのかも定かでない、
床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。

聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったって言うから、
既に70年以上前のもの。

この掛け軸に悪さをすれば良くない事が起こる。

私が5歳位の時の話。

お盆って事もあっていとこが家に泊まりに来た。

同い年の男の子が結構な暴れ者で、
龍神様の掛け軸に向かって物を投げ始めた。

うちの家族やその子の母親は

「それは一応神様なんだから悪さをするな」

みたいなことを言うんだけど、
いとこは言う事を聞かずに掛け軸に物をぶつけていた。

その夜、
その男の子が大泣きして
その声で家族中目が覚めた。

「手がぁ…!手がぁ…!」

って言って男の子ギャン泣き。

見ると、
その子の右手がパンパンに腫れてた。

その腫れ方っていうのがちょっと変わってて、
薄手のビニール手袋に水をパンパンに入れると、
手の平の所に水が溜まって風船みたいになるんだけど、
まさにそんな腫れ方だった。

救急で病院に行って見てもらったら
右手に水が大量に溜まってた。

案の定

「ほら、言わんこっちゃない!
悪さするからだ!」

ってなったんだけど、
その翌年、更に暴れ者になった男の子は
あろう事かその掛け軸をわざと蹴っ飛ばした。

「祟りなんてねーよ!
やれるならやってみろよ!」

って言葉付きで。

そしたら今度は次の日に
何も無いところですっころんで
その拍子に右足の骨とあばら骨を折った。

どうやら龍神様、
「やれる事をやった」らしい。



オカルトランキング