7 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/25 13:10
金が全然なくてしかも4日後に借金返済日が迫っていた時、藁をもすがる気持ちで
ネットで色々調べ、赤坂にある豊川稲荷へ行き片っ端から金運の神様にお願いしまくった。
真言を紙に書き、それを3万回唱えた。(真言唱えたのは、だきに天様と奥にある大黒天様)
1万回を1クールで計3万回唱えつづけた。だきに天様と大黒天様の2人だから計6万回。
午前10時くらいに行き終わって帰る頃には、早い時で5時くらい。遅い時は8時近くまでかかった。
それだけ必死だったのかも。それを返済日までの3日間続けようと思ったけど、翌日返済日という
前日、大学の友人から電話があり、半年前に友人に頼んで買っててもらった馬券が万馬券で当たっていたらしく
俺もそれをすっかり忘れていて、横田もその時は忙しく俺に言おうと思いつつも、言いそびれていたらしく
その後は、俺の当たった分の金を保存したまま忘れていたとのことだった。
急に思い出し、電話をくれて、「今度一緒に飲みに行く時にでも渡すわ」と言ってたが
俺はできたらその日中に金が欲しかったので、その日に横田の家まで取りに行った。
借金返済分が全部で25万で万馬券の配当が27万。偶然かどうかわからんが、あとから思ったら
これは偶然ではなくてだきに天様のおかげだと思ったね。
間違いないね。断言できる。それから今に至るまで赤坂の豊川稲荷と長くお付き合いが続いている。
今のところは、宝くじとか当たったりしたことはないが、ほそぼそだが給料はベースアップしてきている。
一番のご利益はまさにその友達からの電話だ。

これからも長く信仰を続けていくからまたそのうち
いいことがありそうな予感を期待しつつ、信仰を続けていく。





オカルトランキング