169 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2012/12/31(月) 21:18:37.47 ID:LnHHOmtx0

知り合いの話。

 

 

169 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2012/12/31(月) 21:18:37.47 ID:LnHHOmtx0

実家の持山に入った時のことだ。
うっかりと下りる筋を間違えたらしく、見覚えのない広場に出た。
刻は既に夕暮れで、「暗くなる前に知った道に戻らなければ」と焦っていた。
方角を確認し歩き出そうとすると、プンとした匂いが鼻に届いた。

 

 

169 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2012/12/31(月) 21:18:37.47 ID:LnHHOmtx0

彼は過去に大型犬を飼っていたそうだが、その獣臭によく似ていたという。
目を凝らすと、広場の奥まった藪中に小さな社があるのに気が付いた。
傷んだ社の前には、毛むくじゃらの何かが蹲っていた。
臭いが更にキツくなり、その後に唸り声が聞こえてきた。
何物か正体はわからないが、怒っている!?
次の瞬間、強い風が全身に吹き付けてきた。
フワリと身体が宙に浮き、そのままコロコロと地面の上を転がる羽目になる。
恐る恐る身を起こしてみると、そこは自分の見知った山道だったそうだ。

 

その後、何度かあの広場に行ってみようとしたが、未だ辿り着けていないという。





オカルトランキング