784. 本当にあった怖い名無しさん 06/10/19
川原を散歩してたら、草むらの中からオッサンが出てきた。

Tシャツと短パンを着た汚いハゲのオッサンで、私と目が合った瞬間に腕をつかんで草むらに引きずり込んだ。


784. 本当にあった怖い名無しさん 06/10/19

1メートルくらいの高い草むらなので、かがむと外からは見えなくなる。私が声を上げると、オッサンが手に持った包丁を見せて来た。
「声出すな、殺すど。」
近くで見たオッサンは、目が死んだ魚みたいで狂ってる気がした。
半ベソでガタガタ震えていると、オッサンは私を草むらの奥に向かってズンズン連れ込んで行く。


784. 本当にあった怖い名無しさん 06/10/19

向こう側は堤防になっているはずだったが、草むらを抜けると知らない村みたいな集落になっていた。「え?」と思ってオッサンを見ると、オッサンもポカーンとしていた。

二人でその光景を眺めていると、小屋みたいな所から突然大勢の人間が飛び出して来て、こっちに押し寄せて来る。

ボロボロの服を着て、顔は歪んで意味不明の大声を上げて怒ってる様な雰囲気だった。

驚いたのか、オッサンの手がゆるんだので私はオッサンを押し倒して一人で草むらに逃げ込んだ。後ろでオッサンの悲鳴が聞こえたけど、私は草むらを走り抜けた。

草むらを出ると、元の川原だった。

誰にも言えないでいると、何日かして川原で自殺体が見つかって大騒ぎに。死んだのは、そのオッサンみたいだった。