【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 神社系



97: 本当にあった怖い名無し 2005/12/08(木) 23:41:36 ID:LnK8tT690
神社でのかくれんぼ
リア工のとき、現国担当の先生が神社の娘、英語担当の先生がお寺の息子だった。
だからよく神社、お寺に関する不思議話を聞かせてもらっていた。

そのうちの1つ。
家が神社だったので、小さいときはよく神社の中でかくれんぼや鬼ごっこをして遊んでいたそうだ。
親は結構寛大なほうだったらしく、神社でチョコチョコ走り回っても怒らなかったが、あるものだけには絶対に近づくなと、何度も言い聞かせていたという。
あるものというのは、昔から代々伝わってきている屏風だったらしい。

ある正月のこと。従姉妹が遊びに来て先生大はしゃぎ。
親が言っていたことをすっかり忘れ、従姉妹とかくれんぼしているうちに、屏風に近づいてしまったという。
すると、屏風の影から見知らぬ子供が出てきて手招きしたらしい。
「初詣に来た子が迷子になったのかな?」と子供を良く見てみると、その子供の服装が少しおかしい。真冬のこの時期に白い薄手の和服一枚。
あわてて屏風が見えない位置まで移動したところ、先生を探していたらしい親と従姉妹が泣きそうな顔をして立っていた。
曰く、丸一日先生は姿を消していた……。
先生にとってはほんの少しの時間(長くて数分程度)だったらしいけど、実際はもっと時間は経っていたという。
「神隠しっぽいものだったんかもね」
先生は笑っていった。

ちなみに先生の実家である神社には未だに屏風があるそうです。


99: 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 00:19:00 ID:2DLqvkbZ0
>>97
((((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
屏風の影から出てきた子供の手招きに応じて近寄っていたら
先生はどうなってたのかな。

また何か思い出したら書き込みにきてください。

116: 本当にあった怖い名無し 2005/12/12(月) 17:46:15 ID:pZjLFh/s0
>>97の先生のように、実家が神社というのは何となく羨ましい。
先生んちの屏風みたいないわくつきの物があるのは怖いけど。

104: 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 19:57:28 ID:FImvRUV70
もし手招きの子についていったら…
多分、子供の現国の先生、いつのまにか屏風に描かれた絵の中に…



123: 97 2005/12/13(火) 00:02:19 ID:M2WRMcP60
紛れ込んだ神様
久々に覗いてみれば、結構レスついてたので驚いた。

先生の実家の神社話。思い出したので一つ投下。

先生の遊び場は、神社と神社の境内。
兄やら、近所にすむ友達やらとその日も一緒に遊んでいたそうだ。
が、しばらく経ってあることに気づいたという。
最初は5人で遊び始めたはずなのに、いつの間にか6人に。
不思議に思い、それぞれの顔を見、名前を言い合う。が、
誰が増えたのかまったくわからない。
ま、いっか。多ければ楽しいし。と再び遊び始めた。
夕方になり、遊びは終わり。再び数を数えると、ちゃんと5人に戻っていたという。
が、誰がいつどこで消えたのかわからなかったらしい。

……神様が紛れ込んだのかも?

128: 本当にあった怖い名無し 2005/12/13(火) 19:37:55 ID:FadTpYyp0
>>123
不思議だけど、ゾッとするよりほんわかする話だね。
本当に神様が混ざってたのかも。

186: 本当にあった怖い名無し 2006/01/01(日) 13:43:22 ID:owCMNkWP0
怖い話じゃないけど子供の頃あった不思議な話
文章書くの下手糞なんで判りにくかったらスマソ

高校卒業するまで四国の田舎に住んでたんだけど、家の近くの山の中に古い神社があった
近くに友達が住んでたのもあってよくその神社の境内で遊んでたんだけど、ある日社殿の裏に上がってみると変な感じがする

社の裏手にこんもりと丘みたいになってる所があったんだけど、その丘ってのがよく見てみると正五角形の塚になってた
相撲の土俵なんかより二周りくらいデカイ正五角形の塚

子供ながらに変な形だと思いながらもその上で遊んだりしてた
また、社の横から山の奥に向かって獣道みたいな道が伸びてたんだけど、ずっと奥に行くと
正五角形の石造りの井戸があった
いつ行っても冷たい、綺麗な水が湧いてて遊びつかれたらそこで水を飲むのが定番になってた

少し話がズレるんだけど俺は子供の頃、所謂「勘の鋭い子供」だった
道端にある祠から戌を憑れてきてしまうとか色々問題もあったんで抑える為に修験道をやるようになった

修験道関連で奈良の吉野山の山伏さんなんかとも親交があるんだけど、ある時五角形の塚&井戸の話を何気なくしてみた

数ヵ月後、本山から偉いお坊さんがやってきて神事が執り行われた
なんでも天津神系の神格の高い神社だったらしく、出雲からも偉い方が来ていた

本来ならバチが当たって当然な遊びをしていた俺たちだけど、氏子で尚且つ子供だったから遊んでても赦されてたらしい
後で判った事なんだけど五角形の井戸も枯れて長いこと経ってたらしく、とても水が飲めるような状態じゃ無かったらしい
神様が、境内で無邪気に遊ぶ子供の為に水を沸かせてくれたんだろうと言われた

189: 本当にあった怖い名無し 2006/01/01(日) 18:15:45 ID:ZCMozbMR0
>>186
出雲の偉い方って神様?出雲っていえば国津神系ですがあまり天津神系とか関係無いんですかね・・・
それよりどんな遊びしてたんですか?

191: 本当にあった怖い名無し 2006/01/01(日) 20:20:34 ID:owCMNkWP0
>>189
俺が聞いたのは天照大神を祀ってると聞きました
かなり古い神社で昔はもっと大きかったらしいっす
裏の五角形の塚の意味は教えてもらえませんでしたが、普通は立ち入りできないようにしてあると言われました
俺らが遊んでる時は木戸に鍵もかかってなかったし普通に行けたんですがね…
遊びですが、それこそチャンバラからヒーローごっこから銀玉鉄砲の撃ちあいから色々っすね
社殿の壁によじ登ったり、塚の上で相撲取ったり…

187: 【大吉】 【600円】 2006/01/01(日) 14:26:35 ID:d/tos5wh0
わざわざ清水までふるまってくれるなんて、いい神さんじゃないか

204: 本当にあった怖い名無し 2006/01/02(月) 02:10:22 ID:tMAIcP2tO
伊勢神宮にまつわる話ありませんか??

205: 本当にあった怖い名無し 2006/01/02(月) 02:52:42 ID:N9oavsfo0
踏まぬ石
伊勢神宮かあ。
内宮にある天から降って来たと言われる踏まぬ石とか。
階段の途中にあるちっちゃい石で、「天」という字に読める亀裂が入ってる。
天から降ってきたものだから踏んじゃダメって言い伝えがある。
踏んだからって特にどういう障りがあるとかいう話はないし、ほんとに目立たない
小さな石が石段の途中にあるから、大抵の人は気づかないで踏んじゃったりしてると思うけど。

227: 本当にあった怖い名無し 2006/01/05(木) 17:19:06 ID:j8vIrq+s0
>>205
伊勢神宮にお参りする前に某神社の御師さんみたいな人からその石の存在を教えてもらった。
場所が判らなくて警備の人に教えてもらったけど、それでも随分判りづらくて、気付けばがしがし踏んでた。
同行した人が、
「この伝説はそれほど古い話ではなく、いつ頃誰が言い出したかも大体判るそうですよ」
と言うので、
「じゃあ踏んでも平気ですね」
と言うと、
「これを踏めば良くないと信じている人の念が集まり真実になるんです」
と言われた。都市伝説の誕生ってこんな感じ?

229: 民俗神話学板からこぴぺ 2006/01/05(木) 19:15:19 ID:zPz57AA30
草薙神剣の開封
[191]天之御名無主<sage>05/02/19 16:51:33
604 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/06/18 04:43
>>602
荒俣宏の『帝都物語』でも少しバラされてるけど、先の大戦末期に機密勅令によって全国の主だった寺社でルーズベルト米大統領調伏のための儀式修法が同時一斉に行われたんだよね。

その時、高野山や東寺でも禁断の大元帥明王法が修された。
熱田神宮に至っては政府中枢からの相当強硬な圧力により、天皇さんや大宮司でも見ることさえかなわぬ草薙神剣がついに開封され、大宮司による機密御仕の主依とされたという。

草薙剣の話については、当時の大宮司の孫(あれ?ひ孫だったかも)が大学で同級でそいつから詳しく話を聞いたんだが、相当ヤバい話…あまり聞きたくない話だった。

…で、結果はというと、ルーズベルト、本当に死んじゃったんだよな。
これが偶然だったのか必然だったのかはともかく、結果として神風だの本土決戦だのを本気で妄想する連中を増長させることになったのだけは確かだろう。

230: 民俗神話学板からこぴぺ 2006/01/05(木) 19:16:09 ID:zPz57AA30
[192]天之御名無主<sage>
05/02/19 16:53:38
612 :604 :03/06/19 08:52
>>604(補遺)
スレ違いは承知の上なんだけど(スマソ)リクエストが多かったので前回は敢えて伏せておいた部分について。

まず、草薙剣本体の材質について。
社伝ではかつて一度、新羅僧に盗まれ再び封印された際の『剣』の描写が残っているが、再封印後、現代に至るまで御神剣は一切錆を被っていないとの伝説、あくまでも伝説があったが、六十年前にその勅儀のために封印が解かれたとき、思わぬ象で伝説の根拠が明らかになった。

つまり御神剣は「錆びることのありえない素材」=金のムクで、もとより剣としての実用に耐えぬ、あくまでも祭祀用の具として造られたと思われる。
そして最も問題だったのは御神剣の形そのもの。

社伝では中空の矛のような短銅剣とされていたのだが、実際には、とても《剣》とは言いがたい、異様な形状の御体だったという。

喩えることのできるものがあるならば、国宝・石上神宮七支刀にやや近いというべきだったらしいが、七つに別れたその先が左右に羽根をひろげるが如く長く手を広げ、これまた、そもそもこれが《剣》として造られたものでないことを示していたという。
(ちなみに、後年、俺のその同級生の曽祖父=当時の大宮司は、自らの日記の中で、御神剣が七支の形状をなしていた事実と、記紀中のヤマタノオロチより剣がいでたとの伝承を結び合わせ、ヤマタノオロチの八つの頭がそのまま草薙神剣の七支の穂先と幹の突端になったのではないか、との自説を記しているという。…なるほどね。)

で、問題の儀式中に起きたことは、大宮司が祭文を唱えるにつれ、御体が唸り声のような重い音声をあげたかと思いきや、祭殿の左、西の方角に向けて自らいざりはじめ(続く)

231: 民俗神話学板からこぴぺ 2006/01/05(木) 19:16:55 ID:zPz57AA30
[193]天之御名無主<sage>05/02/19 16:54:13
613 :604 :03/06/19 08:55
>>604(補遺ー続き)
そのまま震えて祭文を唱え続ける大宮司に代わって、御神剣を押しとどめようとした禰宜職が御体に触れた途端、口より青い炎を上げて体が燃え上がり、骨も残さず溶けるように一片の黒い炭になってしまったという。

あまりのことに、神職・禰宜らが取り乱す中、何とか祭文をほふり終えた大宮司だったが、三ヶ月半後に再び同じ儀式を行うよう命が下った際には、さすがにこれを拒み続け、そのまま敗戦を迎えたという。

なお、その時も爾後も、その大宮司の一の弟子だったのが、神社本庁・前総長だった鶴岡八幡宮の白井前宮司で、存命中の方でその儀式に立ち会っていた数少ないお人だそうなので、当時の‘’ナマの様子を聞きたい方は訪ねてみては、との友人のことばでした。

…以上が、今から13年前に、京大文学部史学科の某助教授の研究室で、そのセンセと私ほか2名の前で語られた内容の大筋です。

19: ROM女① 2005/11/16(水) 01:33:21 ID:4EFX7gub0
よくないナニカ
スレの流れが止まってるようなので、ここで下らない話(実話)を一つ

当時高校生だった自分は、散歩が趣味で、高校から路線バスで30分かかる家まで歩く程散歩好きでした。
その時も、学校が終わってから「知らないところへ行ってみよう」程度の軽い気持ちで、いつも何となく避けてた路地裏を通ってみることに。

歩いていてしばらく何ともなかったんですが、狭い路地を抜けた先に出た時、空気ががらりと変わったんです。

その日は真冬で、雪がちらつきそうな厚い雲に覆われた日だったんですが、そこに来た時、空気が何だがどんよりじめじめしてたんです。

その時ちょうど月のモノ(ちょっときつい時)が来てたんで「ちょっと体に無理をかけたかな?」と考え、どっかで休もうかなと考えながら歩きましたが、空気はどんどん重くなっていくばかりで、その神社を見つけた時には、自分がまるで頭のてっぺんまで血だまり(言い方が物凄く悪いんですが、空気の粘っこさが水じゃなかったんで)の中に入って歩いてるような感じで、息もちょっと苦しかったんです。

「あー神社の境内で休ませて貰おうかなー」とか軽く考えて神社に近づいたんですが、その時ぞわっと何か感じたんです。
「ここにいてはいけない」といったかんじの、本能的な何かを。
だけど何となく回れ右をして、今まで来た道を戻ろうと、後ろを向く気にはなれなくて
取りあえず神社の前は早足で通り過ぎると、隣に公園がありました。

20: ROM女② 2005/11/16(水) 01:34:12 ID:4EFX7gub0
だけど、その公園、ここ何日か全然雨が降ってないはずなのに、土が濡れていて、それに気づいた瞬間、後ろから何かが迫ってくる感じがして休む事もしんどい事も忘れて、道の先へと逃げ出すように、全速力で走り出してました。

その時も空気は物凄く重くて、ぞわぞわした(走り出した頃にはぞわぞわどころか・・・)感じが体をまとわりついてて後ろから何かに追っかけられてる感じがどんどん強くなって、ほぼ半泣き状態でした。

その神社のある通りを抜けて、お店とか立ち並ぶ通りに出てもまだ後ろを振り向くことはできなくて、結局、後ろを向けるようになったのは、家に入ってからでした。
それでその時に本能的に思ったのが
「世の中には、ああいった、よくないナニカが沢山いるところが在る」と言う事でした

大学入ってから、神道系の仕事が生業の友人にこの話をしたところ
「神社とかのまわりってよくないモノが溜まりやすいよ」と答えたので、その関係なのかなーと考えてたんですが
その高校の近くに住んでるゼミの知り合い曰く「そこには寺社関係の建物ないはずだよ」という答えが

もう一回あの場所に行って確かめたいなと、ふと思う時もありますが
それと同時に
「あの場所へ行ったら、自分は絶対、二度と帰ってこない」とどこかで考えてる自分がいます。

30: 本当にあった怖い名無し 2005/11/20(日) 22:01:37 ID:b4XrrxdM0
>>19
以前、貴方とよく似た体験話をテレビの再現ドラマを見たことがあります。
それは、公園の中の出来事で、幽霊も見えていたそうです。
貴方の体験談は、私は信用をします。
昔、そこの場所には神社があった場所ではないでしょうか?
神社には二通りの神社があうと言われています。
ひとつは、神聖な場所にある神社。
もうひとつは、不浄な場所(人が殺されている場所、戦場のあと、怨霊を慰める神社)に建つ神社があるそうです。
貴方が感じた気は、確かだとおもいますよ。
嫌な気がした時、変だと感じた時は、その感は、当たっていますので、近寄らないことをお勧めします。

22: 本当にあった怖い名無し 2005/11/16(水) 12:18:23 ID:rtk94fM5O
その裏路地をいつも何となく避けてたのは、おまいの危機回避能力が
無意識に発動してたからかも。

29: 本当にあった怖い名無し 2005/11/20(日) 12:13:30 ID:tMaJoG6U0
近所の寺の墓場の入り口に鳥居が立ってるんだけど、なんだろうアレ。
墓場の中の何かを鳥居で封印してるのかな。

31: 本当にあった怖い名無し 2005/11/21(月) 06:08:28 ID:Iq2+ac9f0
>>29
昔、神社があった場所なんじゃないかな。
鳥居で封印は無いとオモ。鳥居は、そういう役割じゃないみたいだし。
昔は、神社とお寺さんが隣同士・一緒の敷地にあるトコ多かったみたいよ。

37: 本当にあった怖い名無し 2005/11/22(火) 22:06:46 ID:B2SkITrs0
>>31
なるほど、神仏習合というやつですね。
あの鳥居は子供の頃から不思議だったんです。
ようやく納得できました。

41: 本当にあった怖い名無し 2005/11/25(金) 10:28:23 ID:oKZgOuAf0
御稲荷さん
夫と二人、葉山の海に行った時の事。
神社がすぐ近くにあったので、お参りに行ってみました。
その神社の敷地内に、風邪や喉の腫れを直すという、御稲荷さんがあり、夫が「二人共、風邪咳きが続いているから、お参りしよう」という事で、夫はお参りしました。

私は、以前からお稲荷さんに恐怖心があり、社の前で「お稲荷さんは、願った事を叶えてくれたら、必ずお礼しなきゃならないんだよ。お礼しないと怖い事になるかもよ」なんて言って、お参りしませんでした。

その結果、偶然かもしれませんが、夫はその翌日から咳きが治りました。
私の方はというと、その社を出て30分後に、風邪がひどくなり、立っていられなくなりました。
「お前が、お参りしなかったからなんじゃない?」などと言われ、ちょっと気にしていました。

42: 本当にあった怖い名無し 2005/11/25(金) 10:30:22 ID:oKZgOuAf0
[つづき]
数日後、静岡の掛川に行く機会がありました。
掛川城を出て、MAPを見つつ歩いていた所、三光稲荷という、土地を守る稲荷さんがあるのを知りました。

そこに行き「怖がっていてごめんなさい。
葉山のお稲荷さんにも謝っておいてくれませんか?」とお願いしました。
その時、「お前が、祈っている最中、社の中の照明が点滅してたぞ」と言われました。
聞き入れてくれた合図だったのかな。怖がっていてゴメンナサイ。

47: 本当にあった怖い名無し 2005/11/28(月) 11:21:43 ID:7xaKF4y/0
>>42
>聞き入れてくれた合図だったのかな
そうだったらいいね。

127: 本当にあった怖い名無し 2005/12/13(火) 17:50:00 ID:S0DRKBhx0
八百万の神様
俺、従姉がいわゆる「見える人」なんだけど
京都に修学旅行に行ったとき、清水寺(だったと思う)で和服を着た小さい女の子が歩いてたのを自分だけが見たって話を聞いた事が。

その従姉の友達がもっと凄くて、八百万の神様(らしきもの)が子供の頃見えたそうな。

コンクリートで固められた公園の池に数メートルもある鯉が居るのを見たり

ふと夜中に起きると、枕に小人が数人座ってたり

お祭りに行ったとき、女の子に呼ばれて、ふらふら後をついて行ったら神社の裏手にある、めったに人の通らないお稲荷さんの祠(従姉の友達はその神社にお稲荷さんがあることを知らなかったらしい)に行ってしまったり。

そんなことが、小学校に上がる前くらいは度々あったとか。
今じゃ全然普通の人なんだけどね。

129: 本当にあった怖い名無し 2005/12/14(水) 01:40:31 ID:+n6TZCOb0
>>127
確か神道用語で「七歳までは神のうち」って文句があったと思った。
小さい頃に見えた(感じた)今考えればありえないようなものこそが、神様なのかもね。

というか、アミニズム的な宗教の源泉?

140: 本当にあった怖い名無し 2005/12/18(日) 22:07:03 ID:YMIq65vz0
大祓詞
このスレ何かと詳しそうな人いるから質問なんですが、
去年かそれくらいに伊勢神宮の鎮守の杜についての番組やってて

「語 問 磐 根 樹 立 (コト トイシ イワネ コダチ)
 草 之 垣 葉 語 止 (クサ ノ カキ ハ コト ヤメテ)」
(意味・岩や草や木が喋ることをやめてしまった」

ていう千数百年位前から伝わる祝詞の一部が紹介されてたんですが、どんな祝詞の一節かご存知の方いますかね。
もうそんな昔からご先祖様方が「自然の声が聞こえなくなったお(´・ω・`)」てショボーンとしてるとは知らなくて印象的だったもんで…。

141: デビル ◆hO/jJrDVl. 2005/12/18(日) 22:57:07 ID:WZ834fxw0
>>140
それは大祓詞(おおはらいのことば)と言われる祝詞の最初の方に出てくる言葉だよ。

皇室の始祖である那岐・那美両大神が、八百万の神々を集めて会議を行ない、皇孫にこの豊葦原水穂国の統治を任せると決定した後、それを国中に宣言した。

その時に、

『…国中(くになか)に荒ぶる神等(かみとも)をば 神問はしに問賜ひ
 神掃ひ(かむはらい)に掃ひ賜いて 言問し磐根樹立草(いわねきねたちくさ)の
 垣葉(かきは)をも言止めて 天の磐坐(いわくら)放ち 天の八重雲を 
 伊頭(いず)の千別(ちわき)に千別て…』

国中の他派(祀ろわぬ)神々=地祇の所へは、決定に従うかどうかを尋ね、従わぬものは討伐し、神ではないがそれに匹敵する岩石や草木にもよくよく言い含めるよう、と言う仰せがあったので、天津神達は彼方此方へとその命を伝えに散らばって行った…

そう言う流れの中の言葉だよ。

だから、「自然の言葉が聞こえなくなった」のではなくて「おしゃべりを止めて聞きなさい」と言う感じ。

160: 本当にあった怖い名無し 2005/12/28(水) 22:26:32 ID:aAOdeyAR0
成田山詣
上で成田山関係の話があったんで、私の親戚の話を一つ。

関東には将門生誕やらゆかりの地なんてのはたくさんあり、私の伯母の実家もそういった土地の一つです。
そういった関係で、その集落では将門封じが発祥の成田山参りは厳禁だったそうです。

六十過ぎになる伯母の祖母(親戚だったかも?)が近所の友人と、「昭和の時代にもなって祟りや迷信なんて馬鹿らしい」と言わんばかりに三人で連れ立って成田山詣でに行ったとか。
すると数年とたたずその三人は三十代の若さで全員亡くなったという話でした。

その伯母は私が小さい頃から話し上手であり、色々な昔話を聞かせてくれた人なので、どこまで真実かわかりませんが・・・。

170: 本当にあった怖い名無し 2005/12/29(木) 22:02:15 ID:TKpVf3DsO
覚えてないんだけど、3歳の時に箱根?の神社で狐に憑かれた事があるらしい。
夏休みで、うちの家族とばあちゃんじいちゃんでお参りに行ったら突然私が「コン」とかしか言わなくなって、ばあちゃん泣きながら私をバシバシ叩いたらしい。1日たってようやく戻ったそうです。
化かされた?

172: 本当にあった怖い名無し 2005/12/30(金) 10:24:28 ID:Ltq4n3bn0
>>170 ワロてしまった。申し訳ない。
「○ちゃん、御飯よー」→「コン!」
「○ちゃん、もう寝ーやー」→「コン!」みたいな感じだったんですか?

174: 170 2005/12/31(土) 09:30:37 ID:9XlOyoZ30
>>172
そうそう。
「○ちゃん、ごはんたべる?」→「コン!」
「いつまできつねの真似してるの!」→「コン!」
「いいかげんにしなさい!」→「コン!」
みたいな感じだったらしいです

215: 本当にあった怖い名無し 2006/01/03(火) 16:03:52 ID:alu/LVqY0
帰したくない
妊娠中にいつもの神社にお参りに行った。
ら、帰りの階段を下りる時に太ももに激痛が走って下りられない。
半泣きでゆっくり下りていったけど、足を動かすだけで激痛。

ふと「まさか」と思って振り返って上がったらすいすいと上がれる。治ったと思って下りはじめたら、また激痛。

ダンナは「ふざけんな」と怒りはじめ、私は涙がぼろぼろ出る痛みで、でも帰って家事をやらなきゃいけないので激痛をこらえて下りていった。
最後のほう10段ほど残ったところに鳥居があってそこをくぐった途端に痛みは嘘のように消えました。

後日そこの宮司さんに話をしたら「うちを手伝ってくださいませんか」と言われたけど、純粋さもない私がおこがましいと思ってごめんなさいしました。

足が痛かったのは単に「帰したくない」からだったそうですが。
そうなのかなぁ。

219: 本当にあった怖い名無し 2006/01/04(水) 10:05:59 ID:jnjP/AGy0
>>215
へぇぇぇ~、興味深く読ませて頂きました。

221: 本当にあった怖い名無し 2006/01/04(水) 15:58:44 ID:AjPeJEf8O
父が神主なんですけど。
管轄内のある神社を改築するとかで、中にある御神体を動かそうと知り合い二人に手伝ってもらってたんだと。
そのとき父の目に御神体の目が光って焼き付いて三日位夜寝れなかったらしい。
そして知り合いの二人共、三日位熱出してたとか。

先祖代々神主やってるらしいのに
これ以外にオカルトっぽい話が無い…orz

222: 黒澤怜 ◆h1/1b0ri7E 2006/01/04(水) 17:23:44 ID:vk7ItciCO
>>221

御神体は人形か何かなんですか?珍しい御神体だなと思ったんで・・・もし良ければ解説お願いします。
話は変わるけど、かなり強烈なお祭りをひとつ・・・

喋ると死ぬ神事
群馬県富岡市一ノ宮にある一ノ宮貫前神社の御鎮神事。
神事での祭典奉仕中、一言も喋ってはいけない。喋べると死にます。自分が持ってる神事に関する本にある記載によると、ある宮司が玄関先でつい「火は大丈夫か?」と言ってしまった。その翌日に急死。いつもの口癖だったらしいが、それが仇に・・・

つまずいた時につい「あっ」と言ってしまい、頓死した神職の方もいるそうです。ちなみに咳払い等でも死を免れないとのこと。
またある時、祭事を行っている神職をみた神馬がいなないたと思った瞬間、即死したことがあるそうです。

祭の内容は社務所の座敷で草履を履き、土間に降り提灯一つを持ち参道を通り御鎮塚に供物を納めて帰ってくると言うもの

その際、近くの民家は明かりを消すので、神事中辺りは真っ暗になります。神事を行っている最中の神職を見たら障りがあるとのことなので。

ちなみに、この神事で神職の方が履いた草履は最高の魔避けになるとのことです

224: 221 2006/01/04(水) 23:06:41 ID:AjPeJEf8O
>>222
高さ50cmくらいの恵比寿さんの木像だそうです。
目には石が使われてたとか
水晶とか、そういう類の物かと

239: 本当にあった怖い名無し 2006/01/06(金) 22:17:54 ID:sHRvRqd70
お稲荷さんに入っちゃダメ
なんか四国の人がいるっぽいのでちょっと聞いてみようかな。

知り合いから聞いた話なんだけど、高知出身の代々お医者さんの家系の人で、オカルト話とか鼻で笑うような典型的な理系タイプのAさんにまつわる話。

ある時Aさん含め何人かの友人たちと旅先でお稲荷さんがあったんでお参りするか、となった時Aさんだけは神社の中に入らず外でずーっと待っていたそうな。

何故かと理由を尋ねると
「うちは代々家の守り神が狼(犬神?)だから、お稲荷さんには絶対入っちゃダメと言われてる。(入ると)狐と喧嘩しちゃうから」
と言われたそうです。

他の神社には平気で入れるし、そもそもそんな話信じるようなキャラじゃないから余計驚いたらしい。

四国には犬神系のお話って多いんですか?
あと狸があんまりいないのって関係あります?

240: 伊予人 2006/01/06(金) 23:16:26 ID:+EuiPXIq0
>>239
徳島にはお稲荷様ないっていうよね、なんでもお大師さんが妖狐を退治したかなんかで狐族を封印してるかとかで。

 でも高知には三菱財閥をつくった岩崎弥太郎が信仰してた土佐稲荷様があるし愛媛にも伊予稲荷ってある。

 狗神憑きの家系はあるけど表に出ないね、なんでも昔は狗神の家系から嫁もらうなと言われてたし実際訴訟問題も起こったりしたとか。いまでもあるんじゃないの?
多分表に出てないだけと思うよ。

242: 本当にあった怖い名無し 2006/01/07(土) 00:49:12 ID:53eHndvS0
>>239
狸は道ばたで腐ってるほどいるぞ。

249: 239 2006/01/07(土) 22:35:58 ID:WvpRVagx0
>>242
ごめん、狸じゃなくて狐だった…orz
なんか本州に比べると少ない、みたいなこと聞いたんでなんか関係あるのかなあと。
でも徳島にお稲荷さんがない、て話は初耳だったので興味深かったです。

うちの近所にもお稲荷さんがあるけど、その神社と道はさんで隣に住んでる人が
「夜中に霊がお参りに行くみたいで、家の中ゾロゾロ通られてかなわん」
と言ってますた。
通り道?にあたっちゃうと色々大変なんですね。
お参りの邪魔するとヤバイのかなやっぱり。

250: 本当にあった怖い名無し 2006/01/08(日) 01:41:14 ID:cJgMSHQ30
>>249
狐は確かに少ないな。

ていうか、用心深い動物であまり人に姿をみせないよ。

103: 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 19:53:09 ID:07mh2Vcy0
寺社にまつわるオカルトで怖かったのは、身内なんとかとかいうスレに
神社で犬が土掘ってて、見たら白骨死体が二体でてきた話があったっけ

105: 本当にあった怖い名無し 2005/12/09(金) 21:34:01 ID:VcpsQXMC0
>>103
シンプルな話だけど怖い









これは高校3年の時の話。

俺の住んでた地方は田舎で、
遊び場がなかったんで、
近所の廃神社が遊び場というか溜まり場になってたんだよね。

そこへはいつも多い時は7人、
少ない時は3人くらいで集まって、
煙草を吸ったり酒飲んだり、
たまにギター持って唄ったりしてた。

その廃神社は人がまったく来ないし、
民家や商店がある場所からはけっこう離れていたから、
高校生の俺達にはもってこいの溜まり場だった。


ある日学校が終わって、
まあその日も自然と廃神社に溜るかぁみたいな流れで、
俺と他の3人の計4人で自転車で廃神社に行ったんだ。

時間は4時過ぎくらい。

そこで煙草吸ったりジュース飲んでたりしてた。

11月頃で、
ちょっと寒いなぁなんて言いながら
くだらない話に花を咲かせて溜ってたんだよね。

そしたら、
ザッザッザッザッって
神社の入り口から足音が聞こえてきたんだ。

最初は他の連れが溜まりに来たのかなぁと思ってたんだけど、
神社の境内に入ってきたのは、70代位のおばあさんだった。

俺を含めた4人とも会話がピタッと止まってね。

その廃神社に溜まり始めたのが高校1年の頃からで、
約2年間溜まり場にしてたけど、
これまで一度も人が来た事がなかったんで、
ビックリしたというか、
人が来る事自体が意外だったんだよね。

俺たちは神社内の端側にある段差のある場所に溜まってたんで、
おばあさんは俺たちの存在に気づいてない。

俺や俺以外の連れも、
なんとなくバレたらいけない気がしてたのか、
みんな黙ったままジッとおばあさんを見てた。

おばあさんは神社の賽銭箱
(賽銭箱には落ち葉やゴミしかないのは2年前にリーサチ済みです)
の前に立って拝んでた。

拝んでた時に聞き慣れない言葉で何かを呟いてた。

1分くらい拝んだあとに、
賽銭箱の後ろのほうに片手に持っていた鞄を置いて帰っていった。

「おぉビックリした!」

「まさか人が来るとは」

「ちょっと怖かった~」

とか話してたんだけど、
当然気になるのは、
おばあさんが放置した鞄。

俺はなんとなく嫌な予感がしてたんだけど、
連れのAが賽銭箱のとこまで走って鞄を持ってきた。

「札束が入ってたりして」

とか言ってるんだけど、
俺はわざわざ神社に置き去ったものだから
ロクでもないモンなんだろうなぁと思って、

「そんなもんあそこに置いとけよぉ~」

とか言ったんだけど、
他の3人は興味しんしん。

仕方なくA達が鞄を開けるのを見てた。

「なんだコレ」

と言うBの手には古新聞。

相当古そうなのは新聞の黄ばみ方で分かったんだけど、
記事はよく覚えてないけど
『なんたら座礁』『○○が逮捕』
みたいな文字が書いてあったのは覚えてる。

新聞の日付は1972年って書いてあった。

「なんで24年前の新聞が…」

ってみんな不思議がってた。

Cもちょっと気持ち悪くなったのか

「やめとくか?」

と言い始めたんだけど、
AとBは更にガサゴソと鞄を物色しはじめた。

今度は財布。

Aは

「おぉ金入ってたら○○ストアで酒買って宴会するか」

と言いながら財布を開けた。

見た事もない札が一枚(昔のお札じゃなくて外国の札?)と、
お守りとレシートと紙切れが入ってた。

AとBはすぐに興味なくして

「なんだよ~金入ってねぇよ」

と言ったんだけど、
俺は中身に興味があったんでCと一緒に見てみた。

お札はたぶん中国か韓国のかなり昔の札。

レシートはボロボロでよく読めない。

お守りには梵字みたいな、
たぶん梵字ではないけど、
中国語か韓国語で書かれたお守りかなぁって感じの物。

俺とCが財布をくまなく調べてると、
Aが中から小さな木製の箱を取り出した。

「なんだよコレ!お宝っぽくないか!?」

と言って、
Aは開けようとするんだけど開かない。

俺は

「やめとけよ。
どうせロクなもん入ってないって」

って止めて、Cも

「気持ち悪くなってきた…」

って言うのに、
AとBは必死に開けようとしてる。

最初はコイツら馬鹿だなぁって思ってたんだけど、
AとBはその箱を地面に叩きつけたり、
二人が引っ張り合いをし始めたりして、
開けようとする行為がだんだん激しくなり始めた。

「ちくしょぉぉ開けよコノヤロ~」

「なんで開かないんだよぉぉぉ」

AとBはそう叫びながら必死に木箱を開けようとしてるんだけど、
その姿が尋常じゃないって感じになってきて、
俺もCも唖然として見てた。

力づくで止めさせようとも思えないくらい、
目が血走ってて必死なんだよ。

「お、落ち着けよ」

と言ったんだけど、
AとBには俺やCの存在すら目に入ってないみたいな感じで、
木箱をガンガン地面に叩きつけたり踏んづけたり、引っ張り合いしてる。

ヤバイなコレと思ってさすがに止めに入ったんだけど、
Aはガグガッと口からわけのわかんない声というか音を出して
俺を突き飛ばした。

俺とCだけじゃどうしようもないから、
他の連れを呼ぼうにも当時まだ誰も携帯電話を持ってなかったから、
誰かを呼ぶにもその場を立ち去らないといけない。

俺もCも一人になりたくないけど、
仕方ないからCとジャンケンして俺が勝って、
俺が他の連れ達を呼んで来る事になった。

もう五時過ぎくらいで、
少しずつ夕陽が落ちかけて暗くなり始めたんで、
Aたちの行動とか周りの雰囲気がすごく気味悪く感じた。

2年間溜まり場にしてた場所が
まるで別の空間に思えたんだよね。

AとBがコンビプレーしながら
木箱を必死に開けようとしてる異常な姿を見ながら、

「じゃすぐ戻る!」

と走り去る俺に、

「頼むから早めに帰ってきてくれよ~」

とCは泣きそうな感じで返事した。

神社の階段をダッシュで降りて、
自転車を置いてる場所まで走って、
自転車に跨いで走り出そうとした時にギョッとした。

さっきのおばあさんが、
神社の向かい側の道でニタニタ笑ってた。

俺の方じゃなく神社方向を見て笑ってた。

俺は神社に戻るわけにもいかず、
おばあさんに話かけようなんて事も怖くて出来ず、
必死に自転車をこいで、
神社から一番近いDの家に向かった。

家から出てきたDは最初

「は?なにそれ」

と言っていたが、
俺が必死に説明してたら
ようやくヤバイ状況に気づいたみたいで、

「早く行こう!いや、Eも呼ぼう」

とDの自宅からEに電話して、

「早く家に来てくれ」

と頼んでEの到着を待ってたんだけど、
Eは20分以上待っても来ないし、
外がかなり暗くなり始めた事に焦って、
Dの弟にEが来たら神社に来るように伝言を頼んで、
俺とDだけで神社に戻る事にした。

二人で自転車こいで、
神社に到着した時は、
さっきいた場所におばあさんはいなかった。

俺とDは神社の階段を駆け上がった。


以上、記憶はここまで。

次の瞬間俺は病院にいた。

エッと思って
起き上がろうとしても起きあがれない。

一生懸命起き上がろうとしたら、
足にギプスがはめてあって、
腕には手首に包帯。

急に全身に鈍い痛みが走って、
「うぉぉ」って小さい声が自然に出て、
寝たまま苦しんでたら、
しばらくして病室に看護婦か入ってきて、

そこからもよく覚えてないけど、
とりあえず家族が来たり先生が来たりして慌ただしい感じになった。

どうやら交通事故に遭って、
4日間目を覚まさなかったらしい。

「Aは?Bは?神社は?Dは?」

とまくしたてて聞く俺に、
母さんは最初は

「今はいいの。
今はゆっくり休みなさい」

とか言ってはぐらかしてたんだけど、
何度もしつこく聞いたら、

「A君もB君も亡くなって…D君は重体で…」

と言われた。

意味が分からずポカーンとしていると、
ABD俺の4人が自転車に乗って歩道を帰っていたら、
トラックが突っ込んできて、AとBは即死。

Dは意識不明の重体。
(後日、図書館で地元新聞読んだらたしかにそう書いてあった)

駆けつけた担任の先生はボロボロ泣きながら

「よかったなぁよかったなぁ」

って言ってくれてるんだけど、

「おかしい…俺は神社に向かってたんだけど。
AとBは箱を開けようとしてて、
Dに助けを呼んで神社に行ったんだけど」

と説明した。

支離滅裂だったのか、
親や先生は理解してくれなかった。

その日の夜は寝たり起きたりを繰り返しながら、
連れが死んだショックより(もちろん悲しかったけど)

「おかしい…」

という感情が強かった。

翌朝一番でCとEが見舞いにきた。

Cは泣きながら

「すまん!
俺、30分待ってもお前が帰って来ないから、
AとBを置いて逃げた」

と言った。

俺は

「あ~そうなのかぁ」

としか返事が出てこなかった。

せめて神社付近で待っておけよ、
と思ったけど言えなかった。

Cは、

「あの後、
Aが『もう少しで開く!開く!』って叫び出したんだよ。
Bも『開く!開く!』って…
それが怖くて逃げたんだ」

と言った。

Eは、

「よく分かんないけど、Dの家に行ったら、
Dの弟から神社に行くから来てくれってお前らが言ってたって聞いて、
すぐに神社に行ったんだけど、お前らいなくて、
別のがいたから仕方なく帰ったら、
次の日事故ったって聞いて驚いたよ」

「別のって?」

「いつも溜ってる場所に何人かいて、
暗くてよく見えなかったけど、
お前らの転車はないし、
雰囲気がなんかおかしかったからすぐ帰ってきたんだよ」

CとEと神妙な顔をしたまま、
20分くらい話して帰っていった。


その後は、
刑事が来ていろいろ聞かれたから正直に全部話したけど、
神社の話より事故の瞬間の話しか興味がないみたいで、

「事故前後はまったく覚えてないです」

って言ったら、
残念そうに帰っていった。

後日、
何度かまた刑事や相手の保険屋や弁護士が来て、
話を聞かれたけど、
神社のくだりより、
事故の時の話しか興味ない感じだった。

事故を起こしたトラック運転手は
精神的な疾患を持ってたらしくて、
事故後に逃走して自殺を図ったらしい。

でも死にきれずに病院にいて、
会話にならない状態だって聞いた。

重体だったDは
結局あの後亡くなった。

Dの弟は俺を恨んでいるみたいで、
退院後にDの家に線香あげにいった時も無視された。

俺はもともと東京の大学に進学が決まってたから、
一月から学校に登校して3月に卒業した。

周りは妙に優しくしてくれたけど、
俺は気まずくてCやEとは距離を置いた。

Cは4年前に自殺したらしいけど、
俺は長い間地元に戻ってないから
疎遠になってて詳しい話はしらない。


いろいろあったから地元とは距離を置いてきたけど、
昨年11月に親父が亡くなったから
12年ぶりに地元に帰った。

大学卒業の時に一度帰ったけど、
日帰りで一時間位しかいなかったから、
じっくり帰るのは12年ぶり。

葬式など全部終わって、
すぐ東京に帰ろうと思ったけど、
母さんがなんか不憫でギリギリまで実家にいる事にした。

昼間やる事もないんで、
12年ぶりに徒歩で田舎町をウロウロしてたら、
急にあの廃神社が気になった。

本当は思い出したくもないんだけど、
その気持ちに反して神社が気になる!行きたい!
と強く思った。

あの時の関係者といえばEだけど、
12年間疎遠になっていたし、連絡しにくい。

仕方なく一人で行った。

歩いてみると、
神社は家や学校からかなり遠かったんだなぁと思った。

神社に比較的近かった行きつけのスーパーは潰れてビルになってたり、
近くにコンビニや大きなショッピングモールやマンションが出来てたり、
12年前とは景観がかなり変わってた。

神社はまだあった。

あの日以来の神社だった。

俺は急に怖くなった。

心臓が高鳴り、
手のひらは汗でジトッとしてきた。

引き返そうと思ったけど、
わざわざここまで歩いて来て今さら引き返すのも抵抗があって、
思いきって恐る恐る階段を昇った。

変わらない風景のはずだった。

でも変わっていた。

神社は綺麗になっていた。

賽銭箱や社や石造りの道も綺麗になっていた。

近くに若い女の子が箒を持って掃除していた。

可愛い娘だった。

俺は人見知りするタイプだから、
普段は絶対に声をかけたりしないんだけど、
神社のこの変貌っぷりを目の当たりにして、
迷わず声をかけれた。

「すみません。
あの…あのですね。
10年以上前に神社に来てた者なんですが」

すると女の子は

「はい?」

と答えた。

関係ない話だけど
顔はアッキーナにソックリだった。

髪のとても長いアッキーナだった。

「10年くらい前に神社によく来ていたんですよ、実は」

と言ったら、

「少しお待ち下さい」

と、箒を置いて誰かを呼びに行った。

俺は周囲を見渡した。

12年前にはなかった神社の横のアパートのバルコニーで、
洗濯物を干している主婦が見えた。

「どうされましたか?」

神主さんなんだろうけど、
私服を着た上品な顔立ちの年輩の白髪のじいさんが近寄ってきた。

アッキーナは箒を持ってお辞儀して、
別の場所を掃除し始めた。

「すみません。12年前に…」

と説明をしたら、
神主さんは驚いた表情をしながら聞いていた。

一通り話をした。

二年間溜り場にしていた事や、
おばあさんの話、事故の話。

「あ~なるほど…。実はこの神社は、3年前に○○神社(よくわかんない)から分祀されて復興したんです」

俺は

「はぁ…そうですか…」

と答えた。

「まさかそんな話を聞けるなんて思いもしていませんでした。
その箱はその時に、おそらく開いたんでしょうなぁ…。
アレは冥界の門みたいなもんで、
私も実際に手にとった事はないんですが…」

「なんですか?冥界の門って?
あの箱どこに行ったんですか?」

「いやぁアレにはいろいろな呼び方があって、
私どもは忌箱(キバコ)と呼んでます。
私がここに来たのが半年前で、前任の者が失踪したんですよ。

詳しい事は私も聞かされていないんですが、
前任者が忌箱に取り込まれたという話を聞きましたが…」

「ええ~!!忌箱ってなんなんですか?
Aたちが死んだのも何か原因があるんですか?!」

「分かりません。
う~ん…命をとる事もあるのかもしれませんね…
申し訳ないですが…」


それから神主さんはお祓いをしてくれた。

神主さんは神主衣装に着替えて、
30分くらい物々しい雰囲気の中でお祓いの儀式をしてくれた。

アッキーナはたまに様子を覗きにきた。

俺は正座してお祓いをしてもらいながら
アッキーナにさりげなく微笑んだ。

アッキーナはたぶん微笑み返してくれて、
出て行った。

「忘れなさい。
アレはあなたの人生にたまたま通りかかった、
通り魔のようなものですから」

と言われた。

俺は話せて良かった事と、
お祓いのお礼を言って帰った。


その後は東京に戻って普通に生活している。

東京に戻ってしばらく経った頃から
夢をよく見るようになった。

3日に一回は見る。

あの日、
Dと神社に到着した後の光景だった。

神社に到着した後から事故に遭うまでの内容が、
断片的に夢に出てきた。

この前は、
トラックにひかれたのは運転手の責任じゃなく、
俺とDがAとBと車道で揉み合いになっていたところに
衝突してきた内容だった。

他にも神社の境内でのおぞましい内容の夢を見た。

内容は誰にも言っていない。

夢の内容を口にしたら、
とても恐ろしい事が起こりそうだからだ。

最近になって俺は、
これは夢じゃなく記憶なんじゃないかと思い始めている。








733:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2011/05/16(月)07:40:11.18

自分からしたら洒落にならないくらい怖い事があった。3年くらい前だったか、実家が老朽化したから、解体した時に業者から

「なんか、床下から出てきたんですが・・・」

と、筒状の箱を渡された。

 

その晩、家族で、なんだろうね?って箱を調べる事になったんだが奇怪という言葉がお似合いな箱で、円の直径は13センチ長さは22センチ、桐で作られていてメガネケースの様だった。

箱には和紙が貼られていて「シジマノカミ」と書かれていた。

しじま?なんだろう・・・というかこの箱どうやって開けるんだ?その箱がまったく不可解なのは蓋らしきものがどうすれば開くのか解らない事。

 

だが蝶番(ちょうつがい)の金具らしきものはあるのだ。家族で20分くらい話してたら妹が、

「これ、ただの溝なんじゃない?」

と言った。全員が、え?っと思って箱の溝に定規を通して見ると、確かに4ミリほどで引っかかる。蓋だとおもった隙間はフェイクの溝だったのだ。

 

 

734:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2011/05/16(月)08:03:12.11

家族全員、開かないわけだ。と諦めちゃって、その晩はそれまでにした。

 

翌日オレは、箱を調べるため、大学で民俗学とかを研究しているAという友達の家まで持ち寄った。Aは箱に興味身心で、手に取ってちょっと見ると

「これさ、蝶番ばらしていい?」

って聞いてきた。オレは了承すると、机から工具を取り出してガチャガチャばらし始めたんだが、片方の蝶番が外れると、穴が開いていた。1ミリの小さい穴が。

 

オレは「なんだそれ」ってAに聞くと、

Aは「たぶん、これが本物の蓋だよ」とドヤ顔で言う。

Aはもう片方の蝶番も外すと、穴に細い六角棒レンチを押しこんだ。そしたら、カコって乾いた軽い音がして、箱が開いた。

どういう仕組みで開いたのかはちょっと説明しにくいんだが、それよりも驚いたのは中身だった。赤い木綿布(もめんふ)が入っていて、何かが包まれているようだった。

 

オレとAが恐る恐る開けてみると、包まれていたのは鏡張りの長方形の箱。

「また箱か。」

とオレが言うとAは青ざめていた

「これただの箱じゃねえわ。」

と呟いて手を震わせながら続けた。

「これ・・・棺(ひつぎ)だよ。」

え!?棺?どういう事だよ?とオレが言う間もなくAは

「どうする?開けるか?」

と聞いてきた。オレは開けたらやばいんじゃないか、ひょっとして呪われちまうのか?という怖さと、ここまできたら見ない訳にはいかない、という好奇心ですこしたじろいだ。

 

 

736:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2011/05/16(月)08:21:32.31

「・・・・あけよう。」

とオレが言うと、少しの間沈黙が続いて

「わかった。」とAが言った。

 

異様な雰囲気の中、小さな棺を開ける・・・すると大量の髪の毛らしきものが入っていた。箱に書いてあったシジマノ神ってのは「シジマ」という人の髪という事だろうか?

だったらなんでこんな厳重にしてあるんだろうか?色んな事を語り合ったが、どれも憶測を出る事はなかった。

「ちょっと調べるからこれ、預かっていいか?」

とAが神妙に言ってきた。オレは快諾してその日は帰った。それからしばらくして、Aから電話があった。

「これちょっとヤバいのかもしんねぇわ。」

オレはそれからAが話す事を固唾(かたず)を飲んで聞く。

 

Aが言うには、シジマノカミとはシジマという人の髪ではなくシジマの神という事らしい。シジマとはネットで調べれば出てくるが、口を閉じて黙ってるという意味。つまり口を開かぬ神。

そんな神がいるのか、いたらどこで祭られているのか、箱が発見されたのは四国だが、四国の歴史を調べてもなかなかシジマノ神などというモノは出てこないらしい。

オレは口を閉じて黙っているという響きに、容易に開かない箱を連想させた。

 

 

737:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2011/05/16(月)08:40:08.19

Aが話を続ける。

「オレ一人ではちょっとお手上げだわ。明日、知り合いの神社の神主さんに見てもらうように頼んだから、お前も付いてきてくれ」

と頼まれる。ここまで来たんだ行くしかない。

 

翌日、Aと共にAの知り合いの神社へ向かった。神主さんは箱を見ると顔を渋らせて

「うーん・・・こりゃあ・・」と呟く。

これなんだかわかりませんか?とオレが恐る恐る尋ねると、神主さんは、

「いやぁ・・・ワシはわからんけんど・・こりゃあ、封印されとるがぁやな。」

と、土佐弁で話し始めた。

 

「この箱はな、たぶん物部(ものべ)の陰陽師のもんやないやろうか。ワシの仮説やけど、この中に入っちょったがは妖怪の類で人間やない。なんでおんしの家にあったかは解らん。けんど、おんしゃあらは悪いもんの封印を解いたのかもしれん。」

Aが「どうしたらいいんですか?」

と、神主さんに詰め寄ると、「知らん」と一蹴された。そして、

「気は進まんが、ワシが預かっちゃろう。なんか分かったら知らせる。」

と言い、箱は神主さんに保管されることとなった。

 

 

738:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2011/05/16(月)08:51:09.98

数日してからAに連絡が届く事になる。

Aからの話によると、シジマノカミはその昔、土佐の山にいた化物で、巨大な貝に毛が生えた容姿だったそうだ。

台風の時期になると暴れ出すため、当時の物部村(ものべそん)に伝わる陰陽道「いざなぎ流」に封印されたそうだ。

 

それがどうして実家にあったのか、その経緯は分からない。あれから数年たつが、オレとAに何も悪い事は起っていない。神主さんは続けてこう言ったそうだ。

「シジマノ神は山の奥深くに帰ったと思う。この変わり果てた現代で、なにか悪さをするとも到底思えないが・・・」

あの箱は今でも神主さんが管理している。







864: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:02:52.45 ID:ZBOCUB7K0
当時を思い返して書いてたら、超長くなってしまったのでとてもお暇な方どうぞ。 

俺が小5の時、夏休みに家族と父の弟家族とで軽井沢の貸し別荘へ旅行に行ったんだ。  
山の中にある別荘のせいか、周囲にレジャー施設等は無し。 
が、この旅行には、Hというスゲエ可愛い従姉妹もいたので俺はまったく無問題。 
Hは同い年で、仲も良かったもんだから俺はこの旅行を前から楽しみにしてた。 

別荘に到着して二日目、俺とHは2人でこの辺りを探検しようと言うことになり、 
別荘から少し離れた山道を探索。 
しばらく山道を登ったところで、山道の横脇にボロボロな石の階段を発見。

865: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:07:41.86 ID:ZBOCUB7K0
石段の幅は子供二人が横に並べばキツイ位。見上げれば15メートル程先に石の鳥居が見えた。
怪しい雰囲気ぷんぷんでこりゃ冒険にはもってこいだと思った。早速俺はあそこを探検しようぜ!と提案。
天気も良く、時間も昼をまわった頃で怖いという雰囲気もあまり無かった。

しかし普段は男勝りなほどに元気なHが「何か怖い感じせん?」とか、
「階段とかボロボロやん。私らだけで行くの叱られるて。」と短い髪ブンブン振って頑なに拒否。
俺としてはこういう怪しげな場所をHと一緒に冒険するのが重要だったわけで、割と必死に説得。
しかしそれでも渋るH。しまいにはどうしても行きたいなら一人で行ってきて、的な雰囲気に。
さすがにこりゃ無理か?と俺もそろそろ諦めかけていた。

が、おもむろにHが「Yちゃん(兄の名前)が一緒に行くなら行く」と提案。

866: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:14:21.89 ID:ZBOCUB7K0
兄は俺と10歳近く離れており、デカい上に鍛え込んでるからえらくゴツい。
外見がまんま熊みたいなプロレス系ガチムチ兄貴。
しかし、性格はおおらかなプーさんで面倒見も大変良かったので、
年は一回り程離れていたが俺と兄の仲はかなりよかった。

Hも兄には非常に懐いており、俺も3人での不思議探索というのも面白いと考え直した。
早速別荘に戻り、兄に事情を説明して同行を依頼。兄も「おっしゃ、わあった」と笑いながら快諾。
今度は三人で例の石段まで向かうことに。

んで到着して石段を登ってみると、人気のまるでない古い神社があった。
それほど広くない境内の割に少し大きめな拝殿があった。
特に見る物もなく、周りの木々のせいで多少薄暗く感じる程度だった。
早速俺は拝殿に突撃まっしぐら。
兄という大人がいるという状況とHに格好良い所を見てもらう事を意識して気が大きくなってた。

867: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:19:21.22 ID:ZBOCUB7K0
拝殿見ながら「うっわこれ絶対中に幽霊いるね!!」とか「やべえ、本物出てきたらどうする!?」等々
わざわざ大声上げながら少し怖がってるHをチラ見チェック。
俺こんなん全然怖くないぜ、的な所をHに向けてさらにアピールしたかったので、
そのまま勢いづいて兄に「入っていい!?いい!?」と質問。
が、 まあ当然なことに「バチぃ当たっから止めとけ」とやんわり止められた。

それでも俺は「大丈夫、大丈夫、余裕余裕」と、それを軽く聞き流し拝殿の扉の前に立ち、
鍵がかかってないかチェック。正直少しヤバイかな?とも思ったが、
こういう誰もしないことが格好いいんだ、と実に子供じみた発想で突っ切った。


観音開きの扉に手をかけて、少し力を込めて引いてみるとこれがあっさり開いた。
薄暗い拝殿の中を見ると広さは縦横10㍍ほどで相当ボロい。
床は何処かしこも軋んでる上に予想以上に何もなかった。
拝殿と言うより板張りの物置場とか言われた方がしっくりする位だった。

868: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:23:43.92 ID:ZBOCUB7K0
しかしよく見ると扉から向かって正面奧の上の方に神棚みたいなものがあった。
神棚には元は何か置いてあったのだろうが、御神体のような物もなく、今は何も置かれていない神棚があるだけだった。
そして拝殿内の四方のうち、扉から見て左奧にボロッボロな小さい和太鼓が一つ縦に置かれてた。
叩く部分に紙が貼ってなかったので、パッと見、和製の木ダルのようにも見えた。
少なくとも最近人が出入りしている様子は見あたらなかったと思う。

早速兄とHを呼んだ。Hも少しは興味があったのか、「うっわ、古いなあ・・・」と恐る恐る入り、
結局最後には兄も「あんま悪戯したらいかんぞー」と注意しながらも入ってきた。

俺は奧にあった太鼓の中を覗いたり、つま先で蹴ったりとわざと乱暴に遊んでた。
その横で「T(俺の名前)いかんて、蹴っちゃいかんて。」とHが涙目で必死に止めてきたので、俺はさらに調子に乗ってた。
兄は飾られてた神棚を見上げながら時折横目で俺に注意してた。

869: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:32:27.13 ID:ZBOCUB7K0
妙な事が起こったのはそん時。

背後で僅かに観音扉が動く音がした。
最初は風だと思い無視した。けど、扉の動く音が何故か止まらなかった。
えっ?とようやく俺が振り返ってみれば、すでに観音扉は半分以上閉まりかけてるところだった。
そのまま結構大きな音を立てて扉が閉まるまで、俺も、Hも完璧にフリーズ。
扉が閉まり、薄暗い拝殿内がさらに暗くなった。途端にびびり始める俺。
唯一兄だけ「おう、風か?」とかいいながらノシノシ扉の方に向かっていった。
慌てて俺たちも兄の背後にぴったりとくっつくよう後を追った。

入るときは引いて開けたので、兄は扉を押し開けようとしたらしいが、中々扉が開かない。
中々扉を開けられない兄に、すでに周囲の暗さでテンパり始めている俺は
「早く早くっ」とおもっくそ急かし、Hはすでに泣きそう。

870: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 02:36:55.67 ID:ZBOCUB7K0
しかし兄は「閉まった拍子で枠ぅ歪んだかもしれん」と普通に返してきた。
「じゃあ壊せばいいじゃんっ」とさらに急かす俺。
「いや、壊したらいかんだろ」と至極真っ当な兄。
実際、俺もおもっくそ押してみたけど、ガタガタいうだけでホントに開けられなかった。

そしてさらに異常な事態が起きた。

俺らが扉の前で格闘していると、今度は後ろの離れた場所で床板が軋む音がした。
ビクッとして振り返るが誰もいない。けど確かに音は、太鼓のあった左奧の隅から鳴った。
そんで聞き間違いと思う暇もなく、もう一度左奧から”ギィッ”という音が鳴った。
今度の音は一回で終わらずに”ギィッ”という音が一定のテンポで続いた。
意味が解らない上に怖かったのはその音が、人が板の上を歩いて横ぎるように左端から右端に移動したこと。
軋む音は右隅の床板までいったと思ったら今度は其処から移動せず、
ずっと一定の調子でギッ・・・ギッ・・・ギッ・・・ギッ・・・って音が鳴り続いてた。

874: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 03:17:09.82 ID:ZBOCUB7K0
それがなんもいない空間から聞こえてくるもんだから、もう俺、完全にパニック。
極度の緊張でホント何にも動けない。
足もふわふわして立ってる感覚もあんまなかった。たぶんHもそんな感じだったと思う。
軋む音はずっと続くし、俺は頭真っ白で固まったままだしで、とにかく音のする場所を見てるしかなかった。


が、そこで固まってる俺の背後からのっそりと兄が前に出てきた。
そんでそのままノシノシと音のする部屋の隅に近づいて行った。
そしたら部屋の隅に近づく3歩ほど直前で急にピタリと音が鳴り止んだ。
少しだけ其処を調べた後にこちらに「?」みたいな顔をして戻ってきた兄。

そんで俺とH、特にHが限界ぽかったのを見て、さすがにまずいと思ったのか兄はもう一度扉の前に立った。
んで軽く気合い入れたと思ったら今度は全力で扉を押し始めた。
そしたら確かに扉の外側からミシミシミシ木か何か軋んでる音がしてきた。
そのまま兄がウンウン押し続けてたら、とうとう負荷が限界まで来たのか
外から大きくバキッと木か何かがへし折れたよう音が聞こえた。
そしたらそのまま一気に扉が開いた。

875: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/12(日) 03:20:53.31 ID:ZBOCUB7K0
兄が「開いたぞ」と言い終わる前に転がるように飛び出る俺。
Hは泣きながら兄の腰に引っ付いて出てきた。外は相変わらず天気も良くて蝉の声もうるさかった。

俺は早くここから離れたかったが、兄は腰に泣いているHを引っ付けたまんま今度は扉を調べていた。
「なにしてんの?」と、もはや半泣き気味で聞く俺を尻目に、
「さっき絶対どっか壊しちゃったからなぁ・・・」と先程の折れた音を気にして扉の隅々を調べていた。
程なくして泣いてるHにバシバシせっつかれながら兄はこちらに戻ってきた。

兄は不思議そうな顔で「何処も壊れてなかった」と首をひねっていた。

10年程前の夏の話です。
絶対思い出補正入ってると思うけど不思議な体験だったので今でも覚えてます。
長文、お目汚し共々失礼いたしました。









235: 本当にあった怖い名無し 2017/06/11(日) 18:40:18.28 ID:
俺の地域の噂なんだが、こんな神社があるらしい。
 


236: 本当にあった怖い名無し 2017/06/11(日) 18:41:08.32
なんでも自殺者の霊が集まるとかで、境内には赤い椅子と、向かいあった大きな鏡が祭ってあるらしく、一晩中その椅子に座って鏡の前で願掛けをすれば、その願いが叶うそうだ。

 

237: 本当にあった怖い名無し 2017/06/11(日) 19:40:59.06 ID:
ただ、ルールがあって、夜が開けるまで決して後ろを振り向いてはいけないらしい。

願掛けの間、鏡に映る自分の背後には自殺者の霊が映りこみ、耳元で「こっちむけよ」と囁いたり、首を締めようとして必死に後ろを向かせようとするらしい。

 

238: 本当にあった怖い名無し 2017/06/11(日) 20:08:21.99 ID:
そして耐えられずに、後ろを向いてしまうと、その自殺者の霊に取り憑かれてしまうらしい。
 

239: 本当にあった怖い名無し 2017/06/11(日) 22:27:34.34 ID:
取り憑かれた奴が神社の階段を降りる途中、階段には無数の青白い顔が浮かんで、羨ましそうに取り憑かれた奴の背後をみているそうだ。

あくまでも噂だが、実際その神社には鏡と椅子が祭ってある。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ