【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 身体



980 : 恐い1:2013/10/18(金) 01:34:08.66 ID:JAbfStxW0
('A`)スレで体臭の話が出ていたので思い出した話。内容的にこっちかと思ったので

元来健康で、各地のイベントやコンサートに飛び回っていた友人
そんな友人がある時から急に体調を崩し、予定も次々とキャンセルして臥せってしまった
ある日戦利品を届けにお邪魔したが、見る影もない元気の無さ
近所の病院をいくつも回るが、原因不明で経過観察と言われるばかりで一向に回復しないらしい

その時ふと、友人から変な臭いがすることに気付いた
友人もご家族も清潔で家は綺麗、今までこのお宅で臭いが気になる事なんてなかったのに
不潔なツンとした臭いではなく、甘ったるくいや~な感じの臭いだった
もしかしたら具合が悪くて数日風呂に入れなかったか、海外製の洗剤でも使い始めたかな?
…なんて思いながら帰宅した
さすがに「変な臭いするね」なんて言えなかったから

数日後、彼女は大病院へ救急搬送
精密検査の結果、重大な病気が発見され緊急入院となった


981 : 恐い2/3:2013/10/18(金) 01:37:35.61 ID:JAbfStxW0
その報告を聞いて、ハッと思い出した
そういえば数年前亡くなった私の父も、病床であれに似た臭いを発していた
当時は加齢臭か薬の臭いかな…程度にしか思ってなかったけど、確かに似てる

そしてもう一つ、似てる臭いを思い出した
田舎あるあるかと思うけど、私の通っていた学校の旧校舎は穴や隙間が多く、
準備室みたいなほとんど使われてない部屋に鳥や小動物が入り込む事が多かった
で、そのまま息絶えて棚の後ろから死骸となって発見される事も多々
そうなると臭いで気付く
同級生とも「うわ、あの臭いだ…発見したくない~」なんて話をよくしていた
つまりは死臭なんだけど、あの臭い


982 : 恐い3/3:2013/10/18(金) 01:38:48.16 ID:JAbfStxW0
その共通点に気付いた時にはゾッとしたけど、友人は無事に闘病を終え退院
あの臭いもそれきりしなくなった
けどもしまたどこかであの臭いに気付いたら、その人がまた病気だったりしたら…
って考えると何だか怖くて、他人の体臭がわかるほど近くに寄れなくなってしまった
服を脱ぐ際に自分の体臭がふわっと臭うだけでもぎくっとしてしまう

海外ニュースで「愛犬が主人のガンを発見」とか「病気の感知犬を病院に導入」
なんて話題を見かける事あるけど、眉唾ものじゃなくあり得る話だなと思うようになったよ


989 : こわい:2013/10/18(金) 11:01:00.03 ID:eIFPzL7a0
病人の匂いってあるよね。死臭も。
田舎にいると動物の遺骸も珍しくないから、よく嗅ぐ匂いだったわ
死んだ細胞がガスでも出してるのかなー

お寺でお線香やお香を焚くのはもともとは死臭を消すためだったそうです。
通夜などで使うと部屋や服に染みこんでとれないそうで……
安物の人工香料はダメだけど、ちゃんとした沈香だと綺麗に消えるとお坊さんが言ってました


990 : 恐い:2013/10/18(金) 11:33:04.89 ID:uxTVjuapO
腐り始めた死骸では、処理した肉が腐るのとはまた違って
複数の細菌の毒素が混じった状態で含まれる為、極めて危険。
食べるのもだけど、迂闊に触って傷から入ってもヤバい。
これらをひっくるめた総称が「プトマイン/屍毒」。
(カムイだったかな?白土三平の作品に
鼠の死骸に手裏剣刺しといて毒として使う、なんて描写もあったが
実際に使ってるインディオの部族も居る)
で、そういうヤバいものなので人間を含めて
「死体の臭いには敏感」に進化してる、って話だそうな。

(病人から…ってのは免疫がもう保たなくなって菌が増えだしてるんだろうな)


991 : 怖い:2013/10/18(金) 20:59:32.25 ID:esrfEjVp0
病によって、臭いが違うらしい。
壊血病だと、生ゴミの臭いとか、そんな風に。
前に他の板で見たんだ。


992 : 怖い:2013/10/18(金) 21:09:41.58 ID:eIwt0yDK0
死に際の匂いってわかる
超能力や第六感てわけじゃないと思うんだけど
病院で生気をなくしてる人の体臭が同じだ
臓器不全になると分泌物が変わったりして体臭を放つのかもね


994 : 怖い:2013/10/19(土) 00:38:01.44 ID:5khB9NkR0
単純に過労の時も息が独特の悪臭放つもんね
貫徹のイベントは自分の体臭にはくれぐれもご注意なんだぜ


996 : 怖い:2013/10/19(土) 02:09:16.66 ID:0mCJYiYf0
死に際じゃなくても、肝臓悪くなると物凄い体臭になったりするし
病気に匂いがあるのってそんなにおかしくない。





オカルトランキング



6 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 03:37:39.46 ID:BkJ2Kaf60
人間って、死が近づくと死臭がするね。

介護の仕事してた時、亡くなるお年寄りは3,4日前から死臭を漂わせてた。
それも、その人の部屋の外まで臭うような、かなりハッキリした臭い。
病気や衰弱が酷いわけじゃなく、突然ポックリ的な逝き方をする人でもそう。
自分では、データに出なくても細胞の一部が壊死?し始めていて死臭に似た臭いを発するんだろうと、勝手にシロウト解釈してた。
仕事柄、湯灌や死化粧なんかに馴れていたから、とくに気味悪いとも思わなかったし。
病院や電車内やデパートでもそういう臭いの人がたまにいたけど
ああ、深刻な症状が潜伏してるんだな、お気の毒に、程度にしか思わなかった。

でも先日、久しぶりに会った古い知人が強い死臭をまとってたの。
ゴルフが趣味の精悍な男性で、本人も「人間ドックでは優等生」と笑っていたので
自分の気のせいだろうと思ってたんだけど。
その2日後に不慮の事故で亡くなってしまって、昨日お葬式に行って来たところ。

本当に事故だし、健康な人だから細胞が腐敗していたとは考えられない。
どうにも腑に落ちず、第三者の冷静な分析がうかがいたくて書いてみました。
スレチだったらすみません。


9 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 10:51:13.99 ID:IT2z5Ekj0
>>6
事故も身体の不調が引き寄せるって聞いたことあるよ。
ちょっとした怪我とかしたときは体調に注意した方がいいらしい。

これを結構信じてる俺としては、亡くなるほどの事故に逢う前なら細胞壊死臭がしてもおかしくないと思ったよ


7 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 05:59:39.74 ID:DqpiHe/d0
某有名大学のある映画研究部が死臭っていう短編を撮ってたよ。
死ぬ人間からは死臭がする。
ある日、死臭がそこらじゅうからし始めて、大災害でも来るのかと思ったら、自分が事故で死亡。
僕の死臭でした。というお話。


8 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 10:35:11.41 ID:WMcNleNh0
何年か前、自分の体から死臭が漂ってる気がして落ち着かないことがあった
ちょうど仕事が非常に忙しい時期だったので、疲れてるせいだとあまり気にしなかったが、
休日出勤の予定があった土曜日の未明に猛烈な頭痛と吐き気で目が覚めた
手探りで携帯を探し出し上司に急病で休むと連絡を入れた後、そのまま意識を失ったらしい
気がつくと日曜の夕方になっていて、多少ふらふらしたが頭痛と吐き気は治まっていた
携帯をみたら上司や同僚から何件も着信やメールが入っていて、電話したら病院行け!と怒られた
その日以来、ぱったりと死臭は感じなくなった


10 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 11:04:43.74 ID:T77Vmvcp0
ググったら,、死期が近い人間からは死臭がすると言ってる医療関係者がけっこういるな
死臭の原因も調べたが、健康体から死臭が漂う理由が見当たらない
死を予知した脳からサインが出て細胞が自家融解を始める……なんてンな馬鹿なw
http://worlddeath-hakubutusi.com/death/deadchange02/


13 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/01(日) 17:09:18.01 ID:OfDTolTX0
医療関係者って、本人も気づかないうちに
死を予知する霊感トレーニングを積んじゃうんじゃない?
>>6さんが男性に感じた死臭は誰もが感じる実在の臭いではなく
死を予感した際に蘇るサインみたいなものだったのかも






オカルトランキング



177 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/29(水) 20:46:33.96 ID:TPYmSvET0.net
キーンって耳鳴りするときない?
オカ板で耳鳴りはなんかの前兆みたいなことを読んだことがあるから、
そういう時は一応気を付けて周りを見るような痛い癖をつけてた。

仕事で夜に雑居ビルの行く機会が多くて、
その日も20時頃に用事のあるテナントの入ったビルに入って、エレベーターで3階に上がった。
廊下は丁字になっていて、棒の下辺りにエレベーターがあって、
エレベーターを降りたら10m位進んだところで左右に別れてる感じ。
それでエレベーターから降りた所で丁度耳鳴りがした。
さっきの癖があるから、痛い雰囲気出しながら周りを伺っていたんだけど、
別れてる廊下の右手から包丁がゆっくり出てきた。
とりあえずパニクってすぐ横のテナントに逃げ込んで、ドアを押さえながら事情を説明したら、
俺のことを気味悪がりながらも警察を呼んでくれた。
警察が来た頃にはもうそいつはいなかったんだけど、
監視カメラには包丁持った男が映っていたらしく、結構な騒ぎになった。
男は包丁を持ってビルに入って廊下をちょろちょろした後、またエレベーターで下に降りて、何もせず出ていったらしい。

その後も周辺で目立った事件はなかったから、なんでそんなことをしていたのかは俺は知らないけど、
偶然にしろなんにせよ、耳鳴りの後に痛い行動とってなかったら、
廊下の先で男とはちあっていたかと思うとゾッとするわ。




オカルトランキング



17 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 00:10:18 ID:Y1M2+Glp0
わりと有名な本に載っている実話だが、
3歳くらいで失明し、40歳くらいで視力が回復した男の話。

光は感じるし、それなりの視力があるはずなのだが、
『見えること』自体が全く初めて(3歳頃の記憶なんてもう消えている)のため、
前に見えているものが何なのか全く分からない。
彼にとってはただの光の洪水。遠近も分からない。焦点もどこにも合わせられない。
だから結局、杖をついて歩く方が楽だった。まぶしさが苦痛なので結局サングラスをしたりする。

年月が経って少しは慣れ、文字などは多少(幼稚園児くらいのスピードで)読めるようになるが、
あいかわらず独りで杖無しで歩くことができない。
40年の間に、視神経以外の場所(?)が発達しすぎてしまったので、脳が慣れてくれないのだった。

そんなこんなのうちに、目の症状が再発したか何かで結局再び失明。


22 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 01:15:59 ID:8Lp8BW+/0
聞いたことがある、盲目の人が急に視力回復して苦労する話。

目の見えない父親が手術して目が見えるようになって、まだ幼い娘が「一緒に動物園に行きたい」と言った。
娘は父親に大きな象を見てもらいたかったのだが、父親は象を見たことがないのでイメージができなかった。
象のおもちゃを触れば「これは象のおもちゃ」と言えるが、実物と結びつかない。
動物園に行くまで娘の期待を裏切らないように、父親は象の絵や写真で事前に頭に叩き込んでいった。

ところが当日、父親は象の柵の前に来てもわからなかった。
彼には大きさの概念がまだなかったらしい。
娘に「パパ、あれが象だよ」と言われても、かえって混乱してしまう。

バリアフリーとは言うけど、根本的な違いはどうしようもないな(´ω`)





オカルトランキング



982 :ぱすた :05/02/01 14:11:02 ID:VHylIU0w0
自宅にいると目の端々に人影みたいなものや、佇んでる人っぽいものを見る様になった。
夜に寝る為に電気消して真っ暗にすると、白い壁に手の平に乗るくらいの猿が何匹も壁登ってる・・・。
昼間や暗闇でも、目閉じると5センチ前に女の目があって、シャンプー中にビビッて独り声出して驚く。
しかも霊感なんぞ否定派だから、思い違いと思いたい。

ほんのりと恐いっしょ。しかし後日談があって・・・。


983 :ぱすた :05/02/01 14:17:45 ID:VHylIU0w0
実は知らず知らずアルコール依存症に陥っていて、全ては酒が切れたときに見る禁断症状の幻覚だったんです。
俺って酒強ぇなぁ、ってくらいで自覚症状無し。妻も見抜けなかった。
お互いほんのり怖くなった。

マジカキコすると、霊だ霊だ言ってる人達ってのは、何らかの脳の機能で幻覚見てるのかも。
だからこそ、あそこまでマジになれると思った。
事実俺も、幽霊っていたんだと少し思い始めてた。




19 :前スレ983の「ぱすた」 :05/02/02 00:32:46 ID:stxY5zKl0
今更ですけど幻聴なんて余裕っす。(俺の場合のアルコール依存症禁断症状)
ちょっと無音とかになると超リアルにラジオ(FM)が流れてました。意味のある会話とかしてるし。
多分俺の場合この幻聴で廃人時には通り魔的なキチガイになるんだろうなと判断しました。
地下鉄で俺を非難する声がポツポツ聞こえ出してきたのもこの時なんで。。。。
事実がわかった時暫くは冷静にどれが本物の音でどれが幻聴か判断出来ず、
冷蔵庫のモーターの音さえ「この音聞こえる?」って聞いてた。
自分が自分じゃなく刻一刻キチガイになりそうで怖かった。

今はもう何にもないけど。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ