【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊能力



120: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 22:48:37.21 ID:c3MfBe+r0.net
知り合いの霊能力がある人の話
いや普通霊能者って言えばなんか厳かな感じの人が多いというイメージあるんだが(俺だけ?)
知り合いの人はそこら辺に居そうな筋トレ好きな体育会系のおっさん(ちなみに空手有段)なのよね
でまぁ例のアレは見えることは見えるらしいんだけど
特段祓ったりする力があると言うわけではないらしい

で普通霊能者ってまぁ汚ない話、報酬なりで金品とかとる人多いけど
そのおっさんはまず報酬を受け取らないわけ
詳しくはしらんが医療関係の仕事に就いてるらしく
休みの日に無償で見るというか相談に乗るという感じ
(たまに瓦割りの実演とか見せてくれるwww)

121: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 22:49:50.37 ID:c3MfBe+r0.net
ここからが本題なんだが
去年、俺の母ちゃんが乳癌になったことが判明したときに
色々あってそのおっさんと知り合ったんだけど
その時に話の流れで母の実家の写真を見せたらしいのね
(いわゆる誘導とかではない)
そしたらおっさんブワーと鳥肌が立って(霊関係のものを感じると鳥肌が立つらしい)
写真に一部写ってた
実家の敷地内にある納屋というか倉庫を指して
ここがヤバイって言うんだよ

122: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 22:50:58.30 ID:c3MfBe+r0.net
でまぁその倉庫てのが
20年くらい前まで貸し家をしていたんだけど
自殺2回全焼1回というすさまじいことになったんで
貸し家を取り壊して倉庫に建て替えたらしい

その情報はおっさんには教えてなかったから、
やべーってなったわけですよ
(そもそも実家のことを相談するために写真を見せたわけではない
暇なときに泊まりに来ませんか?ということで見せた)

124: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 22:52:10.95 ID:c3MfBe+r0.net
でおっさん曰く
何かその土地には貞子を60歳位にした感じの幽霊的なものが憑いてるらしく
そのあと色々調べてみたら
貸し家やってたときに自殺した60代のばあさんが
おっさんの言う幽霊との特徴が一致してるってことで更にビビった

つまりその自殺したばあさんが化けて出ていたということなんだが
おっさん曰くこのばあさんの幽霊は何かに操られてるにすぎない
もっとヤバイ霊的な存在に操られてるとか言うわけですよ

125: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 22:52:45.90 ID:c3MfBe+r0.net
でまぁ母の実家は元地主の分家で
そこそこの土地持ち農家なんだが
所有している田んぼのある一部の土地が
大昔(安土桃山ぐらい?)には処刑場(てか首切り場)になってたらしく
そのことと関係あるのかな-と思ってみたりしました

まぁその相談的なことをしたのち
色々あっておっさんとは疎遠になったんだが
未だに何かそういう因縁話みたいなのは放置されっぱなしで何か怖いなーと思い書き込みました










105 :本当にあった怖い名無し:2018/07/20(金) 23:56:10.18 ID:7RowJvKJ0.net
霊能者ってホンモノ同士だと同じ事言うのよ、やっぱり。

私には年の離れた姉が二人いて、長女姉と次女姉は二人とも子持ち。

数年前、次女姉が霊能者の爺さんと知り合いになって。
明るい爺さんで、家に招いて家族とその友達も呼んで、ご飯食べながらワイワイとオカルト座談会みたいなのやった。
その時、爺さんは黙って帰ろうとしたけど、次女姉が『何か隠してる』のを見抜いて、
問いただしたら、長女姉の娘(つまり姪)に『未発動の呪い』がついてるって白状した。
お爺さんは霊能者として貫いてるスタンスがあって、『質問されたり依頼されたりしない限り自分からは何もしない』んだって。
赤の他人にいちいち首突っ込んでらんないんだと思う。
玄関先まで見送りに来て話を聞いてた姪は驚いて目をひん剥いてた。
爺さんは、姪の頭を軽く撫でるような仕草とかをして、呪いを消して「じゃーね」って帰った。
姪は驚きと混乱でちょっと泣いた。

それから数年後、長女姉から聞いた話。
例の呪いのついてた姪っ子の通う学校に、変わった先生が赴任してきたらしい。
会ってもいないのに、長女姉の性格をやたら言い当てたり、授業中にこの世とあの世の仕組み?の解説を始めたりするんだって。
でね、その先生が赴任してまもない頃、
姪っ子に「呪い、とったんだ。でも、呪いの念が取り切れないで少し残ってるから取っとくね」って頭を撫でるような仕草をしたんだって。
爺さんの時と同じ事を言われ、同じ場所で似たような仕草をされて、姪はもうポカーン(゜д゜)だったって。

その2人の霊能者が関係あるとは思えないし、姪のこと以外も2人の話は色々合致してるみたい。
それに、この話には関係ないけど、私の友達の友達にも宮内庁でオカルトチックな仕事をしてる霊能者がいて、その人の言うことも大体同じだって。
インチキも多いから気を付けた方がいいのは勿論だけど、『本物の霊能者はいる』って確信した出来事だったなぁ。









867 本当にあった怖い名無し sage New! 2012/07/23(月) 15:26:34.75 ID:EqFVjvQ00

中学の時からの友人でさ、Kって言う女の子がいるんだが、その子の話をしたいと思う。

うちの中学は二つの小学校から生徒が入学してくるんだけど、Kは俺とは別の小学校から来た女の子だった。
だから、初めは接点なかったんだけど、Kが下らない理由でいじめられてたときにK自身がばっさりといじめっ子達を撃退して、それからこいつまだ中1なのにすげーな、って思ってたのは覚えてる。

そんな感じにしっかりした子だったし、顔も可愛くて、面白くて、頭も良かったから
(スポーツは持久力と球技が全然駄目だったけど、そこがまた可愛かった)いじめなんてなくなって人気者になってたんだ。

で、中2で同じクラスの隣の席になった。

Kは↑の通り普通に可愛い女の子なんだけど、一つだけ不思議なところがあったんだ。
男女別の授業があったとき。俺ら男の方は四階の西側で理科の実験してたんだ。
そのときクラスメートの一人が突然暴れだして(今思うと多分厨二病)実験機具が割れて、大騒ぎになったことがあった。
でもおれはそのときトイレ行きたくて、騒ぎで授業終了のチャイムがなった後もみんな教室に残ったままのなか、
一人で三階のトイレまで急いでた。そっちのが近いんだ。
そしたら、女子たちが丁度教室に入ってきたところで、(俺らの教室はそのとき三階だった)そのなかにKもいたんだけど、いきなり俺のとこに来て、
「なにがあったの?」
って首かしげて聞いてきた。

なんでこいつ知ってるんだって、びっくりしてトイレ行き忘れた。それくらいびっくりした。
だって女子はそのころ、二階の東側にいたはずで、俺らの大騒ぎなんて聞こえるはずなかったから。

Kのそういう超直感?みたいなのはこれだけじゃなかった。
Kの直感?はよく当たった。

俺が高校行きたいとこ落ちるのも当てた。
明日雷だね、って言ってるなと思ったら、ほんとに翌日雷鳴った。
Kが「なんかやな感じ」と言ったら、その日の朝学校の前で事故が起きた。
ばあちゃんが死んだとき、直前に「だいじょぶ?」ってメールきた。ばあちゃんが病気なの俺も知らなかったのに。
コンビニに行ってくる、ってメールしたら珍しく「気を付けて」って返信があったからなんだろうと思ったらバイクに轢かれた。

もっともっとあるけど、とにかくKの直感はよく当たった。怖いくらいに。

で、志望校落ちた俺は偶然にもKと同じ私立の学校(田舎だから私立が滑り止めとかよくある話なんだ)に入学した。
Kは、県立と併願で受けてたけど、私立だけ合格したら県立の受験は受けなかった。その年Kの受けなかった県立高校の前で発砲事件があった。
これもKの直感なのかもしれない。

Kはそのころから、段々色白になってさらに可愛くなってきてた。儚げ、って言葉が似合う子だった。

ある日、冗談で、卒業後なにやってるか予想しようぜ!って遊びしてたときに、Kがぽつりと言ったんだ。

「俺君は、パティシエになってそう」
「わたしは、そうだな、居なくなってそう」
って。
その時はなんだよそれー、って笑ってたんだけど、俺は現在パティシエとして地元で働いてる。

そしてKはというと、高校卒業して数ヵ月たったとき、ふと失踪した。

そうだな、一年半くらいは行方不明だった。
結局無事に見つかったんだけど、見つかった場所が俺らの県からスゲー離れてたからどうやってあんな場所まで行ったんだって大騒ぎになった。
Kはというと、会ったときはさらに色白になってて微笑んで、俺君、久しぶりって笑ってた。

んで、こないだ同窓会があったんだ。
Kも来てて。
Kの失踪事件とかの話で盛り上がって、また仲良いメンバーの一人がこれからの俺達予想しようぜ!って言ってきた。
みんなが次々にこんな風になってそう~、とか予想出したあと、ぽつりとまた、高校の時みたいにKが行ったんだ。

「俺君はお店出してそう」
「○○ちゃんは看護師さんかな」
「●●君は、子供たくさんできるよ」

「わたしは、死んでそう」

Kの直感が今度こそ当たらないようにって今も祈ってるところだ。








481 :1:2006/06/03(土) 16:52:57 ID:Jer9EYxv0

一つ投下してみる。

この板の人が知ってるかは知らんけど、一時期馬鹿系の板で流行った話がある。
「30歳をすぎて童貞だと、魔法使いになれる」という話だ。

もとはそういうゲームがあって、そこのサイトの紹介の仕方が馬鹿で面白くて、「俺あと三年で魔法使いお!」「やっべ、明日魔法使えるようになるww」とか、まあ某板で遊ばれてた訳なんだ。

そんで友達にねらーがいて、そういうネタ大好きの奴がいるんだ。
職業はフリーライター。

職業柄色んな人に会ってて、面白い話が聞けたりするんで重宝しているんだけど、そいつがある日、こんな事を言い出した。
「30歳をすぎて童貞だと、魔法使いになれる」って話。あれがあながち嘘でもないらしい、と。

おいおい、いくらなんでもありえねー、とか言って俺は最初馬鹿にしてたんだけど、そいつが詳しい話をしてくれて、それが結構真実味あってすげー怖かった。

なんでもその友達が、協会でいわゆる本物の能力者、みたいなのとして有名な人を一度取材した事があり、その時の話らしい。
凄い力を持ってるいる人で、地位もそれなりに高い人なんだと。で友達は緊張しながら会いに行ったらしいんだが、意外ときさくな人で、色んな面白い話を聞かせてくたれた。

その一つがこの話。


どういう流れでそうなったのかは知らないが、友達が、そういやネットで、
「30歳をすぎて童貞だと、魔法使いになれる」とかいう話があるんですけど、どう思いますかw みたいな感じで聞いたらしい。

笑いを取ろうとして言ったらしいんだが、以外にもその人の答えは「ありえますね」という真面目なものだった。
「え?」って感じで話を聞くと、何でもあらゆる宗教・宗派で、人間の堕落の象徴とされるのが、食欲、睡欲、性欲の三つなんだそうだ。

例えばカトリックは異性との行為を穢れたものとして禁止しているし、日本のお寺なんかでも、修行の際には食・睡・性に厳しい戒律をつくり、心身を鍛えている。
そして童貞という事は、そのうちの性欲を禁じる修行を知らず知らずの内にしているのと同じ事なのらしい。

つまりは、厳しい戒律に身を置くカトリックや、修行僧などに近い存在に当たるのらしい。

もっと凄いのは、日本のオタク。あれが本当にやばいらしい。
例えば、ゲームオタク。
一人で部屋にヒキこもって、ひたすらゲームだけやってるオタクとかいるじゃないか。
食事もほとんど取らず、ほとんど寝ず、無論そんなオタクに彼女いる訳でもなく、生涯童貞。
三つの欲に極限まで耐え、一心不乱にゲームとはいえ集中する。いわばその行為は、もはや即身仏として
生きたまま神になった者達や、聖地で厳しい修行を律す聖者達と変わらないらしい。


「当然、開眼する、まあわかりやすく言うと、悟りを開く者、そういうのも出てくるだろうね。素質やその人の性質もあるだろうし、全員がそうなる訳ではないだろうけど、普通の人よりかなり高い確立で目覚める者がいるのは確か。更に厄介なのは、そういう目覚め方した者が、大体まともな性格をしていない事だね。
本来、厳しい修行の果てに、おだやかな性格を持って手にするはずの力を、歪んだ性格の者が、自覚無しに手にしている。
昨今、こういう輩が増えているのを感じる。世界が歪んで来ているのもそのせいだろね」
と言われたそうだ。


ちょっと背筋に寒いものが走らないか。










10: 本当にあった怖い名無し 2010/04/25(日) 05:33:17 ID:aYIi6wH20

2年程前だと思うけど、プライベートで色々あって、ものすごく疲れたりして軽い鬱状態 
のようになっていたことがあった。もっとも独身、独り暮らしなので生活のため仕事は淡 
々とこなしてはいたのだけど、家に帰って独りになるとなんのやる気もおきなくって、た 
だソファに寝転がってるだけ。トイレと食事の時にしか立たない様な状態。自分でもどう 
にかしたいと思ってたけどどうもそうもいかなく、そういう日が続いた。寝ても見る嫌な 
夢を見るばかりで、汗びっしょりで夜中に叫び声と一緒に起きたりしてた。 


10: 本当にあった怖い名無し 2010/04/25(日) 05:33:17 ID:aYIi6wH20

そんな時、ふと気づいたことがあったんだけど、道ばたで歩いてる時に目をつむっても目 
の前が見えるようになってた。目をあけている状態とちがって、モノクロな感じ。残像と 
かではなくって、ちゃんと視界の動きや変化もわかる。なので目と閉じながら歩いても前 
から来る人もわかったし、道がどうなってるかわかったので、10分くらい試してみたこと 
もあった。日中にやるとさすがに変なので、あまり人目につかない夜などに。この時は全 
然変だと思わなくって、そういうものなんだなって自然と思えた。夜にベッドで目をつむ 
っても目の前見えたり、机にすわっても同じだった。 

それからしばらくたってそれがいつのまにかできないことに気づいたんだよね。あれはな 
んだったんだろうか。今となってはそれが変だってことにもさすがにわかってるんだけど 
当時はそれが普通だったんだよね。 




13: 本当にあった怖い名無し 2010/04/25(日) 10:00:38 ID:tn3fuZXm0

>>10 
チャクラが開いたんだよ。 
もっと進化すれば霊能者になれたのに。 






オカルトランキング

↑このページのトップヘ