【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 水子




685 :あなたのうしろに名無しさんが…… :03/06/21 01:10
私の母の実家は祖父母が亡くなって空家になっていますが、幽霊屋敷としか思えない家でした。
祖父が亡くなる前に、トイレで子供のような白い影を見て、「誰だ!!」と叫んだ話は語り草になっていたし、空家になってから伯父が泊まったら、やはり子供の声がしたとか。

私も金縛りにあい、男の声で「おんな……」と呼びかけられゾッとした事があります。

また、深夜の四時きっかりに、鬼門にある四畳半の部屋からミシッミシッと足音がするので、その部屋で寝ていた親が起きてきたのかと襖を開けて確認してみたけど、誰もいなかった……

そんな事が二日も続き、さすがに三日目は恐ろしくて早めに寝ました。

ちなみに、この家に母が知人を招いたところ、何も知らないのに、

「ここの家には何か住んでいる。人を殺さないけれど気を狂わせるから、絶対に一人でいてはいけない」

と言われたそうで、その後、母は近所だというのにこの実家に寄りつきません。

そんな事気にせず一人で泊まったりしていた私は、なんと鬱病になってしまいました。

母は「私の妹もこの家に引越してから錯乱した」と言って非常に怖がっていました。

信心深い伯母は自分が居ても何も起きないので半信半疑だったようですが、私がいると異常に大きいラップ音が起こるので、さすがにビックリしていました。

このままでは大変な事になると思いましたが、霊能者を呼ぶお金のゆとりもなく、自分でお祓いをする事を決意。

とりあえず仏壇の掃除から始めたら出るわ出るわ……

戦争前後の貧しい時代に亡くなった水子の戒名の羅列。

ゾッとしながらも必死で供養しました。

結局、その後は空家に近づかないようにしていたら何とか落ち着きましたが、「水子は絶対に作らない」という約束をしたので、それを今でも守っています。

しかし、私も従兄弟も四〇代手前だというのに結婚せず、子孫は私達の代で確実に絶えそうです。

あの家は家相も最悪で(特に鬼門にある部屋は最悪)、早く更地にすべきだと思うのですが、そんな気持ちとは裏腹に残り続けています。

私達子孫が滅びてから、この家は初めて解体されるのでしょう。

 



696 :あなたのうしろに名無しさんが…… :03/06/21 09:07
建築関係の仕事をしていますと、>>685さんの気にするような話もあります。

気学や家相等を気になさり、日照や空気の取り込みを考えずに設計を依頼してきたり、まさか……と思うようなお金の架け方をする方もいます。

また、気学や家相にも本家や元祖みたいな言い回しの方もいて、新興宗教さながらの賑わいで、信じる者にとって平等とは言い難い感じがします。

しかし、相手はお客様ですから、言いなりの家は建てますけどね。

幽霊が出ると噂の家を幾つか拝見し、またリフォームも手がけましたが、そのほとんどが、空調が悪く日照を無視した間取りだったり、ご供養の跡が見られない仏壇が必ずと言っていいほど放置されています。

視覚的にも陰の要素を持つ原因になっていると思われます。

シンボルツリーである木が鬱蒼としていたりすれば、シュチエーションは揃います。

また、近所に工場があり、排気や汚水が住人の健康を害している場合もあります。

近所を通る高圧線、アマチュア無線家、田畑の横でしたら肥料農薬の散布等、健康に影響を受けやすい環境である場合もあります。

これは調べた結果であっても、住人の方は原因を信じようとしないのが常です。

古い家の場合、湿度の関係で家や畳が軋み、人が徘徊するような音にも聞こえます。

また、家具や家電品も軋み音をだします。

新築でも換気の都合によってはホルムアルデヒド等がこもり、害を与える場合もあります。

どんな事にでも関連付けて思える事があるように、幽霊屋敷もまた同じことです。

どんな家を建てようとも、家主さんの失調症までは治す事は出来ないのです。

 

699 :あなたのうしろに名無しさんが…… :03/06/21 09:21
685です。

精神病が遺伝するというより、考え方が似通ってくるので精神病になりやすい、というのはあると思います。

私もこの幽霊屋敷がすべて原因と思ってるのではないのです。

ただ、まったく何も知らない母の知人に、「ここには何か住んでいる……」と言われたのは今でも不思議です。








ちょっと落ち着いたけど、現在進行系の話。
長いけど、まぁ聞いて下さい。

オレは過去に二度、女の子を中絶させたことがある。
一度目は完全に避妊ミス。17の若かかりしころ。
二度目は23の時。
2年程付き合った彼女なんだけど、オレは結婚を意識してた。
子供できてもいいやとか思って、結婚の約束をした訳でもないのに、思いっきり中に出してた。
拒否しないから、彼女もオッケーなんだと思ってた。

案の定、彼女は妊娠し、オレはそれをキッカケに結婚してくれと言った。
もちろんオッケー・・・だと思っていたら、


なんと、親からもちかけられた縁談が断れないからと、逆に別れ話をされてしまった。
なぜ縁談が断れないかというのは、話すと長くなるので割愛する。
要は家の事情。政略結婚というわけではないが、そんな感じ。

じゃあ、赤ん坊はどうすんの?って話だ。オレは子供が本当に楽しみだった。
オレ1人で育てるから産んでくれと説得したが、最後には向こうの両親まで出て来て、
「今から結婚するのに、他の男の子供がいてどうする」といわれ、
さんざんの抵抗もむなしく、赤ん坊はおろされてしまった。

17の時には、ぶっちゃけ「あー、めんどくせ」とか思っていたオレだが、その時は涙をこらえられなかった。
17の時のことを6年もしてから、本当の意味で後悔した。

それから、オレは妙な体調不良に悩まされ始めた。
肩が重く、食欲もない。寝ても、思い出せない怖い夢を見て飛び起きる。
病院にいっても原因不明。
オレはあんなことの後だから、ストレスなんだろうと思っていた。
じきに忘れ、体調も直ると。
しかし、体調は日に日に悪くなり、メンタルクリニック等にも通ったが、とうとう仕事を休職するはめになってしまった。

それからは実家に戻り、家の手伝いをして、しばらく親に食わしてもらっていたが、体調は相変わらずだった。
68kgあった体重が、2ヶ月で52kgまで落ちた。
病院にいっても、やっぱり原因不明。
メンタルクリニックも、もう行ってもムダだと思った。

それからしばらくして、オレは法事に顔を出した。
親戚はオレの変わり用に驚き、心配の声をかけてくれた。
法事も終わり、帰りがけに、オフクロの姉の旦那の妹(おばかな?)の人がオレに声をかけて来た。
「○○ちゃん(オフクロ)から話聞いたよ。おばちゃんね、霊媒師の人知ってるから、紹介してあげようか?」
何いってんだこの人と思ったが、治る可能性があるならと思い直し、後日連絡を取り、紹介してもらうこととなった。

その霊媒師曰く、
「水子の霊がついてます」。
ショックだった。
確かに2人もおろしてる。
オレは子供をおろした話を、この人にはしていない。
オレはすがるような思いで、その人に除霊をお願いした。
すると、「除霊はしますが、それは水子の霊を供養することに他ならない。あなたの今の体調不良は、いうなれば生霊の影響なのです」
詳しく聞くと、水子の霊はついているが、その霊はオレにとって害になる霊ではないという。
その霊に影響する、オレの後悔の念と、別の人の後悔の念が重なりあい、今の状態になっているとのことだった。
そして、オレ以外で後悔している人間も、同じように憑かれているはずだと。

水子の供養はそこでやってもらった。
結構あっけなかったが、本当に心のそこから手を合わせた。ちょっと涙が出た。
半泣きのオレをみて霊媒師が、「その涙があなたを苦しめる原因なのです」と言った。

オレ以外に後悔している人間、それは17の頃か23の頃の彼女、どちらかしかいない。
でもやっぱり、結婚を断られた彼女の方な気がした。
オレは数ヶ月ぶりに彼女に連絡し、会う約束をとりつけた。

数ヶ月ぶりに彼女とあった。彼女はオレを見て驚いていた。
オレは彼女に霊媒師の話をし、心当たりはないかと訪ねた。
しかし、彼女はわからないという。オレは「後悔の念」について問いただした。
子供のことを後悔しているんならやめろと。(それも変な話だが)
しかし、彼女は新しい結婚生活も順風満帆で、幸せな毎日を送っているそうだ。
子供のことはかわいそうに思っているが、特に強烈に後悔している訳でも無い。
なんかみじめになり、その日は話を終えるとすぐに別れた。

残るもう1人の彼女かもしれないと思ったオレは、早速連絡をしようと思った。
だが、なにせ6年も前に別れたっきりで、連絡先を覚えていない。
オレは特に仲がいいわけでもない昔の知り合いに片っ端から電話して、彼女の連絡先を調べた。
するとある女の子が、
「あー、○○ちゃんの友達の子でしょ。○○ちゃん聞けばわかるよ」と言う。
やった!見つかった!
「じゃあ、ちょっと聞いてもらいたいんだけど」と言うと、
「え、でもその子って・・・」と口籠る。
「どうしたの」と聞くと、
「亡くなったんじゃなかったっけ?」
「はぁ!?」
「え・・?だって○○くん(オレ)が・・・」
「ちょっと待って!どゆこと!?」

さんざん言い渋ったあげく、聞き出したのは信じられない話だった。
オレは彼女(17の頃)が子供をおろしてから、彼女が退院しない内に別れた。
もともと大して好きではなかったのと、やはり、妊娠騒動でうんざりしたことがあり、
さらに、その頃オレと付き合いたいという可愛い女がいたためだ。
(こうやって改めて言うと本当に自分が嫌になるが)
その後、共通の友達もいなかった彼女の噂を聞くことはなかったのだが、
なんと彼女は、その堕胎が原因で、1ヶ月後くらいに亡くなってしまっていたと言うのだ。
にわかには信じがたかったが、やはり連絡しないといけないと思い、連絡先を聞く事にした。

オレは昔の知り合いに聞いた連絡先に電話を入れ、彼女の両親とあうことになった。
両親から聞いた話は、電話で知り合いに聞いた話そのままだった。
オレはなんてことを・・・。オレは両親の前で土下座して謝った。
父親はなにも言わなかったが、母親が口を開き、こう言った。
「あやまってもらっても、娘は帰ってこないのよ。法律的には、あなたには罪はないしね」
「でも・・・そういう問題じゃありません」とオレが言うと、
「そうよ。娘を殺したのはあなただと、私は思ってます。一生後悔して生きてね」
オレは血の気が引いた。きっと生霊というのはこの人なのだろう。
オレは呪われているんだ。罵倒され、殴られる方がずっとよかった。

体調不良は今でも続いている。
霊媒師の所には今でもいっており、いろいろ相談にのってもらっている。
オレの後悔の念が消えれば、向こうの両親の生霊(後悔の念)に干渉されることもない、
早く忘れ、前をむくことだ、と言われている。
その為、禅寺にも通って禅を組んだりしている。
でも、忘れるってどういうことなんだろうか。
子供おろしたってどうってことないぜ、と思っていた頃に戻ればいいんだろうか。
最近オレの本棚には、仏教関連の本がいっぱい並んでいる。

最後に、彼女の両親にあった後、霊媒師に相談した時の会話。
「お母さんに許してもらえればいいんじゃないでしょうか・・・
 オレ、毎日でも謝りに行こうと思ってるんですが」
「ダメです。もうお母さんには会ってはダメ。
 あなたにまとわりついていた後悔の念は、ハッキリとあなたへの憎悪となっています。
 ある種の呪いになろうとしている。
 もう、夢も思い出せるはず」
そう、オレは毎晩のように見る、おぼろげだが強烈な悪夢を思い出せそうになっていた。
血みどろの部屋で泣きわめく中年女性。

多分あの女性の顔は、お母さんなんだろう。





オカルトランキング



967: 本当にあった怖い名無し:2011/07/16(土) 01:17:18.09 ID:K1BmEUZZO
水子の兄
今日私には兄がいるはずだったと父親に初めて話をされた
私が生まれる6年前に経済的な理由からおろしたらしい
父親は生ませたかったが母親が自己判断で2ヶ月でおろした

なぜ兄かわかるかというと父親が母親の妊娠が解る前に
夢で仙人のような白髭の老人からお前に息子を授けるといわれたらしい
母親や霊魂などの類いは信じてなかったので水子供養は一切しなかったが
父親は京都の寺に一人で行き水子供養をしたそうだ

その後父親は末期の胃ガンになるも奇跡の回復をとげ
その後15年再発なしで今も元気に生きている
100%相手が悪い運転席がメチャクチャになる大事故に遭うも
無傷だったり賃貸暮らしが急にひょんなところから遺産を相続し
新築一戸建てを建てたり何かに守られているような運のつきようだ

母親は父親と別居中だか60をすぎてまだ職場で働かなくてはならず
帰っても自分の親の介護に追われる毎日
やはり水子の兄が父親を守ってくれているのかなと思う

969: 本当にあった怖い名無し:2011/07/16(土) 01:29:22.58 ID:K1BmEUZZO
続きです
私も何かに守られているようなことがたくさんあり水子の兄が
いたという話を聞いてやっぱりと腑に落ちた

私は女でやせ形だが男なみの怪力だったり酒に強くて飲み会で夕方5時から朝の5時まで呑んでも
ぜんぜん潰れないのも兄のお蔭かなと思うがあんまり関係ないかな♪
でも水子の供養はしっかりするべきだと思います




オカルトランキング



383: 本当にあった怖い名無し 2007/06/08(金) 22:37:05 ID:3w28pKhB0
龍の像
死に別れることを「幽明境を異にする」とも言うよね。
その表現にすごく救われたことがある。
そうか、境が違うだけなんだ、ならいつでも越えて会えるね…みたいな感じで。


このままだとスレ違いなので、ある山中での寺社での話し。
知人2人とある寺社さんに行った時、外に龍の像があった。凛としたその姿に一目ぼれ。
2人が神仏様にご挨拶している間、ずっと眺めてしまった。

お参り後、その日の宿に移動するため、寺社さんを出て山一つ越えて、
トンネルを出たところで急に私の具合が悪くなった。
頭を上げていられないほどの頭痛と嘔吐感と寒気。声を出すと震えているくらい。
知人が印と経文と真言とで祓ってくれたら、嘘のように回復。

後で知ったところ、その龍の像は水子供養のために置かれたものだったらしい。
まだ上がっていないのが、私に惹かれて付いて来ちゃったんだろう、帰らないで欲しくて引き止めたんだろう、と。
オカン体型だから受け止めてくれると思ったんだろう、とorz

本当に、あの時の急激な体調変化には((((((((((;゚Д゚)))))))))))ガクガクブルブルだったよ。




オカルトランキング




381 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:29:57 ID:KafhssaJ0
何年前だったかは今はもう覚えていません。
でも、当時はすごく暑くて扇風機つけっぱなしで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。 
熱帯夜ってやつですね。暑いと本当眠れなくて…窓も開けっ放しで、ただ布団に寝転がって目を瞑っていました。
ふと、その日見たホラー番組の映像が頭に流れてきて、あぁ、何思い出してんだろ自分、なんて思ってました。
夏の夜って異様な雰囲気があるじゃないですか。だからかな、いつもより余計怖くなっちゃって。 
とにかく目を瞑って、寝ることに集中したんです。
まぁ、当然意識して寝ようとすれば眠れませんよね。 
それでも何も考えないようにして、ただ扇風機の音に耳を傾けていました。 

そしたら突然、窓の外から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたんです。 
夜泣きかな?なんて思いつつ、窓の外に目を向けました。
だけど、窓から見える家はどこも電気はついていない。 
おかしいな。なんて思えば、気づいてしまったんです。
赤ちゃんの声は、窓の外から聞こえているのではないことに。
なんて言えばいいのでしょうか。耳元というより、脳内に響く感じって言えばいいのかな。 
とにかく、窓の外ではなく中なんですね。もっと言ってしまえば、私にだけ聞こえている。みたいな。 
心霊現象ってのにあったことのない私でしたが、これは危険だとすぐに分かりました。 
だって、赤ちゃんの泣き声が窓の外からではないことに気づいてから、私の足元に重みがあったんですから。
丁度、赤ちゃんくらいの重みでした。 


382 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:31:04 ID:KafhssaJ0
気づいた時には体も動かない、扇風機の音も聞こえない。 
あぁ、これはやばいな。
金縛りのように体が動かなくて、唯一の救いは目を瞑っていたことだけ。 
こういう時って、謝ったらダメって言うじゃないですか。
だから、とりあえず「南無阿弥陀仏」って繰り返し唱えました。まぁ心の中でですが。 
すると、赤ちゃんらしき重みが、徐々に顔の方へと上がってきたんです。 
その時私は仰向けになっていたので、本当、上がってくるラインが一直線です。 
顔まできたらどうしようとか、いつになったら消えるんだろとか、とにかく混乱しちゃって、
それでもひたすら「南無阿弥陀仏」って繰り返し唱えました。
すると、赤ちゃんらしき重みが、お腹の部分でピタリと止まりました。 
あぁ、やっと消えるのか。そう思って、少し冷静になった時です。 
ドンドン!ドンドン!そんな効果音でも聞こえそうなくらい、力強くお腹が叩かれ始めました。 
もちろん赤ちゃんが出せる力ではないのです。本当、遠慮なしにお腹を何度も何度も殴られる感じです。 
直接触れてはいないのに、痛みだけがあるような、そんな感じでした。 
少しでも冷静になったのは本当に一瞬で、
お腹を叩かれ始めてから恐怖で混乱しちゃって、とにかくどうしたらいいのか分からなくて、
それでもお腹を叩く行為は続きました。

しばらくすると、赤ちゃんの泣き声が徐々に大きくなっていたことに気づきました。 
お腹を叩く強さに比例して、泣き声も大きくなっていくのです。 
もう本当どうしたらいいのか分からなくて、
ただただ、私は何もできないの!早く消えて!って何度も何度も思いました。 

どれくらいそれが続いたのでしょうか…。
もうその時は必死で、ただこれが早く終わることを願い続けました。
すると、それが届いたのでしょうか。
赤ちゃんの重み、泣き声、お腹を叩く行為、全てが一瞬で消えたのです。 

呆然としていると、聞きなれた扇風機の音と、窓の外からは自然の音。
とりあえず現実かと頬をつねったのも、いい思い出です。 


383 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:31:50 ID:KafhssaJ0
後日、友人にこの話をしました。
誰かに聞いて貰いたかったってのもあったと思います。 
すると友人が真剣な顔で、 
「アンタの家族でさ、誰か子供流してたり、おろしてたりしてない?」なんて言ってきました。 
はっきり言って驚きました。
友人には言っていませんでしたが、私の親と姉が子供を流す&おろすの経験があったのです。
もちろん、親も姉もその時はすごく悲しんだらしいです。 
「何で知ってるの?」 
「いや、知ってるって言うか…多分その水子だと思うよ」 
それを聞いたとき、怖いなんて思った自分を悔やみました。
きっと勝手な都合で生むことを余儀なくされた赤ちゃんが、遊び(?)に来たのでしょう。
それを、私は怖いなんて思ったのです。
「きっと寂しかったんだろうね。生んで貰えなかったことがさ」 
「うん…、そうだね」 
友人がそう言った言葉に、私は素直に頷きました。
だけど、友人はこう言葉を続けたのです。 
「それか、アンタに生んで貰おうと、中に入りたかったんじゃない?」






↑このページのトップヘ