【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 後味の悪い



779 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 15:08:48 ID:fPwGBMQB0
“貰い子殺人”で思い出した。
自分の母親は10人兄弟なんだが、ばあちゃんは1人っ子。
なんで?って聞いた自分に、母親が話してくれた。


ばあちゃんには弟がいた。
でも、弟が生まれる直前に亭主に死なれた母親が、乳飲み子の弟を人に預け、自分は乳母として奉公にでた。
ばあちゃんはそこそこ育ってたんで、別の家に奉公にだされていた。
その、弟を預けた夫婦ってのが、金目当てに赤ん坊を預かっては殺すということをやっていたんだよ。
結構大きな事件だったそうで、その夫婦は死刑になった。

なんで発覚したかっていうと、死亡診断を書いていた医師が、あまり頻繁に赤ん坊が死ぬので不審に思い、
「赤ん坊の様子がおかしい」って亭主が呼びに来た時に、
自分が亭主を病院に引きとめ、その間に警察に踏み込ませたんだと。
踏み込んだ警官が見たものは、水に濡らした薄紙を顔に張りつけられた赤ん坊だったそうだ。
現行犯で逮捕、余罪ぞろぞろ、ばあちゃんの弟も犠牲者の1人だった。

死刑執行前、看守が聞いた。
「自分のやっていることを、恐ろしいと思ったことはなかったのか?」
犯人の亭主のほうが答えた。
1人だけ、5歳くらいの男の子を預かった。
簡単には死なないから、食べ物を与えず飢えさせて、山芋を掘り出した後の穴の所へ連れて行った。
山芋を掘った後の穴って、すごくでかいんだよね。
「この穴の中に、入れ。そしたら、おいしいお饅頭をあげるよ」
その子供は泣き叫んだ。
「お饅頭はいらないから、それだけは許して」
泣き叫んですがりつく子供を、自分は生き埋めにした。
あの時は恐ろしかった。


頼むから母ちゃん、そんな話を小学生に聞かせないでくれ…


792 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 02:58:05 ID:zIJFW58r0
>自分の母親は10人兄弟なんだが、ばあちゃんは1人っ子。
>なんで?って聞いた自分に、母親が話してくれた。

ここがよくわからん
婆ちゃんの兄弟数と母ちゃんの兄弟数にどんな関係があるんだ?
なぜ「なんで?」という疑問が出るんだ?


793 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 13:17:14 ID:CaUIEDsW0
>>792
時代的に一人っ子なんて珍しいからじゃ


794 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 15:37:26 ID:aujIxpeM0
しかし時代的に言えば、二人だけってのもおかしくね?
昔は貴重な労働力でもあるから貧乏人ほどたくさん子供を産んだ。
乳母や奉公って言葉が出るような時代だったら、まあ5人は最低いるよなあ。

>ばあちゃんはそこそこ育ってたんで、別の家に奉公にだされていた。
ここまで弟と年の開きがあるのに、間に誰もいないのが不思議だ。


795 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2010/07/30(金) 16:06:54 ID:/V1Zf21J0
>ここまで弟と年の開きがあるのに、間に誰もいないのが不思議だ。

>>779のばあちゃんの歳はわからないけど、
その事件自体は、戦後の話だったと思うから(記憶違いでなければ…)
出兵する前にばあちゃん、戦後に弟、なら離れていても不思議じゃない。


797 : 本当にあった怖い名無し : 2010/07/30(金) 21:54:22 ID:byaHh7d70
779です。
子供の頃、昔の話を聞くのが大好きでさ、それで時々こういう地雷をふんじゃうことがけっこうあったんですよ。
ばあちゃんは今生きていれば110歳越えています。
終戦時に、ばあちゃんの3男が15歳位で戦死しているから、戦前の話であることは確かです。

とーちゃん・かーちゃん・じーちゃん・父方のじーちゃんばーちゃん、
みんな兄弟は5人以上だったから、何も考えずに“どうして?”って聞いちゃったわけ。
ちなみに、ばあちゃんが奉公にでたのは就学年齢くらいだから、年齢差としてはありうることだと思う。

この話を聞いた暫くあとに、ひいばあちゃんの米寿の祝いがあって、
その時に、ひいばあちゃんが乳母として育てた人が来ていた。
ひいばあちゃんにベッタベタでさ、抱きしめるは頬ずりするわ。
別れ際も、ひいばあちゃんの手を握り締めて、
「長生きしてよ、○○、長生きするんだよ」って、ずーっと言ってるわけ。
『後味が悪い』なんて言葉は知らない年齢だったけど、
なんだか胃のあたりが、ずーんと重くなって、なんともいえない気持ちになりました。







99:本当にあった怖い名無し:2009/02/28(土) 02:00:15 ID:8zgJVQHZ0
VIPより。投稿者の許可を得て転載します

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 01:39:50.98 ID:+SS0/cfP0
オカ板のどこに書けばいいか分からんかったからここに書かせてくれ
小学生の時家族で山口の鍾乳洞巡りしたんだ
四つぐらい回ったんだが、その内の一つは天井がかなり低くて落書きだらけだった
歩いてると母親が「わー、達筆」とか言って筆で書かれた落書き?を見つけた

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 01:47:01.79 ID:+SS0/cfP0
続き

少ししてから母親の顔色が変わった
落書きを見た父親もすぐに"それ"に気づいた
すぐに引き返すことになった
当時小学生だった俺は何が書いてあるのか分からなかったが、
帰り道両親が無言だったのがかなり怖かったのを覚えてる
で、鍾乳洞から出た後両親に話を聞くと、
かなり昔の日付と共に、"人を殺した記録"が書いてあったらしい
その後係員、というか受付の人に一応それを伝えてから帰った
もしかしたら係員に消されたかもしれないがまだ残ってるかもしれん
地元の人何か知ってる?








633 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 14:23:28 ID:8tVK8o6K0
昨日の某番組で、網膜分離という障害の為に失明した青年が、努力の末エベレスト登頂に成功する、
というドキュメンタリーをやっていた。
偶然、その番組を見ていた俺は正直感動したのだが、晩酌しながら見ていた親父は複雑な表情だった。
その表情が気にかかり、それとなく聞いてみると、親父はポツリポツリと話し始めた。

要約するとこうなる。
親父の叔父、すなわち俺からすれば爺ちゃんの弟(大叔父)には、
息子(親父からすれば従弟。仮にY一郎さんとする)が1人いる、という事になっているが、
実はその息子の下にもう1人息子(仮にY次郎さんとする)がいた。
Y次郎さんも生まれつき目の障害を抱えており、十代前半には失明してしまうと医者から宣告されたそうだ。
その宣告にショックを受けたY次郎さんの母親は、
Y次郎さんが失明するまでにきちんと自立した生活を送れるようになってほしいとの思いから、とても厳しく躾たそうだ。
だけど母親は1つ重大なミスをしてしまった。Y次郎さんを決して褒めなかったのだ。
「目の見える人はその位出来て当然」
「もっと頑張れ」
「この位じゃ駄目」
Y次郎さんがどんなに頑張っても返ってくるのはそんな言葉ばかり。
Y次郎さんは次第に母親を嫌いになっていった。

そして、ついに失明してしまうY次郎さん。
ショックで家に閉じこもってしまうが、母親はそれを許さず、半ば無理やりY次郎さんを外へ叩き出す。
仕方なく杖を突きながら外を歩くが、云十年前で障害者への理解も乏しい時代、
周りの糞ガキどもはY次郎さんを『め○ら』と笑い、石まで投げつける。
やっとの事で家に帰り着き、悔しさに涙を流すY次郎さん。
でも母親は、
「その位で泣くな」「お前はこの体と一生付き合っていかなくてはいけない」
と、慰めの言葉1つかけてくれない。


634 :633:2009/08/06(木) 14:24:52 ID:8tVK8o6K0
そんな日々が続き、Y次郎さんはとうとう限界を迎えた。
いつものように母親から家を追い出され、杖を突きながら外を彷徨う。
やがて、家から少し離れた所にある道路に出た。
交通量の多い時間帯、Y次郎さんは躊躇いも無く道路へ侵入し、トラックに撥ねられた。即死だったそうだ。

葬式が終わり、母親がY次郎さんの持ち物を整理していると、
偶然テープレコーダーにY次郎さんが肉声を吹き込んでいた事に気づく。
吹き込まれていた肉声、それは母親への限りない怨みと憎しみ。
親父もその内容までは知らないそうだが、
気の強い母親が発狂寸前にまで追い込まれたらしいので、相当凄い内容だったと思う。
結局、母親は精神を病んで2年程精神病院に入院することになり、かなり苦労したそうだ。
そして、数十年後「Y次郎が私を見て笑っている」といった内容の幻覚を見ながら亡くなったらしい。

最後に親父は、
「厳しいだけじゃ駄目なんよ」と言ってこの話を終えた。








951 :1/2:2009/11/06(金) 00:36:28 ID:hGKfBRIwP
11年前、小学校高学年の従妹(父の弟の娘)が「脳に悪性の腫瘍がある」と診断された。
まず助からない。余命は後1年とのことだった。
従妹は入退院を繰り返し、あまり学校も行けなくなった。
元からコミュ力が低く成績もよくなかった従妹だったが、学校に行けなかったせいでいっそう拍車がかかった。
叔父夫婦は従妹に友達がいなくても成績が悪くても、気にしなかった。
「生きていてくれさえすればいい」と従妹を溺愛した。

従妹は小学校を卒業し、中学校を卒業し、高校に入学した。
この頃になると、通院だけで入院はしなくなっていた。
伯母の娘@大学生(私から見ると従姉)が叔父夫婦に頼まれて、従妹の家庭教師をすることになった。
高校生の従妹は、アルファベットさえも覚えていなかったそうだ。
結局伯母娘の家庭教師は、その後伯母娘が多忙になったとかで1ヶ月ちょっとで終わった。

高校を卒業する頃には、従妹は通院もしなくなっていた。
従妹は調理師の専門学校に進学した。
叔父夫婦は従妹のために、使い勝手がいいという高級包丁やら鍋セットやらを買い揃えた。
従妹は料理が全然出来ないから授業についていけるのかな……と心配していたら、数ヶ月でやめた。
翌年、トリマー養成学校に入学した。叔父夫婦は従妹のためにプードルを飼った。こちらも数ヶ月でやめた。


952 :2/2:2009/11/06(金) 00:37:33 ID:hGKfBRIwP
現在、従妹は成人している。
バイトはしているが「だるい。面倒」と言ってすぐに辞めてしまう。
家事を手伝ったりもしない。
叔父夫婦は、ニートに近い従妹のことでいらいらしている。

何が後味が悪いって、「脳に悪性の腫瘍が(ry」というのが誤診だったこと。
医療関係者(医師と看護師)3人に別々に聞いたが、
全員が「脳に悪性の腫瘍があって成人するまで生きられるはずがない。誤診だ」と断言した。

私は、短気でわがままな従妹のことがあまり好きではない。
けれど、もし十数年前の誤診がなく、学校にきちんと通えてたら、叔父夫婦からの「優しい虐待」がなかったら、
従妹の人生はずいぶん違ってただろうな……と思うと、なんだか切ない。








644 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:01:24 ID:2ig1kyEb0
体験談を書きます。
友人(H)が自殺をしたときの話。

高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。
明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人気を持ってる奴だった。
高校卒業後に俺は東京の大学に行き、彼は地元の大学へ通ったため別々になり、連絡もあまりとらなくなった。

大学卒業後、俺は東京で就職をしたが、彼は引き篭もりになった。
彼が一切笑わなくなっていたことを、彼の葬式の時に彼の父親に聞いて、俺と友人達は驚いた。
大学で何かあったのか聞くと、3年生になったあたりから、段々と引き篭もり始めたとの事だった。
葬式には彼の大学時代の友人も来て居た為、俺や友人達は彼らに色々尋ねてみたが、彼らもわからなかった。
ただ、3年生の9月になってから、彼らをも避けるようになったという。

色々情報を集めていると、彼が大学の2年生の2月頃に両親が別居をし、
彼の母親が家を買い、彼と2人で住む事になったらしい。
ただ、これが原因とも思えなかった。
彼の両親の不仲は、彼が高校時代から嘆いていたし、
本人が「早く離婚しないかなー」とさえ言っていたのだから。

645 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:02:33 ID:2ig1kyEb0
それから三年が経ったある日、友人のSから電話があった。
『あのさー、すっごい変な事言うけど、信じてくれ』と、かなり神妙な感じで話を切り出す。
『あのね、Hから着信があった・・・』
冗談にも程がある。Hが死んでもう既に三年。
「お前、馬鹿にすんなよ?」
流石に怒って言う。
だけどSは、『いや、いや・・・。三年経ってるから、携帯は解約してるはずだよね?』と涙声。
『昨日、久しぶりにG(高校時代の友人)と会って飲みに行ったのよ。
 そしたら、23時ごろに携帯が鳴って、見てみたらHから着信って・・・』
SはHの携帯番号を残しておこうと思い、削除していなかったらしい。勿論俺も残してた。
ただ、それでも信じられなかった。
「お前掛け直してみたか?」と聞いてみた。
『うん・・・。2回掛け直したけど、不思議な事に2回とも繋がった・・・』
この時はかなり背筋がゾッとした。
「え?繋がった?ってことは、誰か出たって事?」
『いや、いや・・・』と、Sは泣き始めた。
何が起きたか分からなかった為、「何?どうした?おい?」と呼びかける事しかできなかった。
『お前さー、マジで信じてくれるかわからないけど。
 Gも次に電話してみたから知ってるよ。お前も確認してくれたら分かるけど・・・』
と、話を続けない。
「だから何だよ?何があったのか言えよ」と、少々声を荒げて言う。
聞かなきゃ良かった。(内容は後で書きます)

その後、
『お前もHの携帯に電話してみろ・・・。嘘かどうかは直ぐ分かる』と、Sはそれだけ言って電話を切った。
俺は怖くて電話できなかった。聞かなきゃ良かった、と思った。

646 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:06:35 ID:2ig1kyEb0
何故聞かなきゃ良かったかというと、その夜電話が鳴ったから。
着信はHの携帯から。Hは三年前に自殺してる。
棺の中でのお別れもした。
彼の母親が泣き狂いながら、「H!起きなさい!まだ、間に合うから!」と叫んでたのを思い出した。
その時にふと思った。
もしかしたらこれは、彼の母親が子供が死んだ事が悲しくて受け止められずにやってる事なのでは?と。

2回目の着信が鳴った時に、俺は思い切って出てみた。
「もしもし?Hのおばちゃん?」と、少し震えるような声で言うと、
電話口で『ちがうよ』と、Hの声で言われて切られた。ぞくっとした。
低い男の声で、しかもHの声で返事があったから。
意味がさっぱり分からなかった。Hは死んだはず。
じゃぁ、今のは誰だ?
何で俺らの電話番号を知ってるのか。
何故彼の携帯からの着信履歴が残ってるのか。

30分近く震えながら考えたが答えは出てこない。
こっちから電話をしたいが、Sの話が忘れられず躊躇してしまう。
ただ、このままだと埒があかない。
結局電話をする事に。手は振るえ、心臓はどきどきしていた。
部屋中の電気をつけて、襖やドア、部屋のカーテンを閉めて、着信履歴からHの携帯に電話をしてみた。
やっぱりするべきじゃなかった。

647 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:08:44 ID:2ig1kyEb0
受話器から聞こえるコールの音。1回、2回、3回・・・
心臓がバクバクする。5回、6回、7回。プッ・・・
留守番電話に切り替わる。
その瞬間『今から死にます』と、Hの声が流れ始める・・・。
『今から死にます。全部の音を残しておくよ。お前を呪ってやるから。
 呪ってやるからなあああああああ。
 ガああああああああああああああああああああああああああああああああああああああピーー・・・』
直ぐに電話を切って放り投げた。Sの言った事は本当だった。
『電話したら、Hの声で・・・死ぬ前に取ったっぽいのが、留守電のボイスに入ってた・・・』

648 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:09:37 ID:2ig1kyEb0
すぐにSに電話した。夜中だったが怖くて、怖すぎて、他人の迷惑とかに気が回らなかった。
Sは寝てたらしいが、Hの携帯から着信があったこと、誰か出た事、
電話したら同じように声が流れた事を説明したら、
Sは『どういうことなんだよ』とポツリと言い、その後は落ち着くまで付き合ってくれた。

しかし、恐怖は未だ続いた。
「なぁ、S、お前はどういう事だと思う?俺は最初Hの母親があ プッ やしいとおもってたんだけ プッ ど、どうも プ・・・・やばい・・・・キャッチが入った・・・」
怖くて誰からか見れない。
『おい、×(俺の名前)。無視しろ・・・。俺と話しとけ』とSが言うので、そのまま話を続ける。
が、手から汗が吹き出てくる。耳下にある携帯が凄く異質なものに感じて、今すぐ投げ出したい。
プッ プッ とキャッチの音は続く。
数秒後、やっとキャッチの音が終わった。
直ぐに電話を自分から離したかった俺は、Sに断りをいれ電話を切り投げて、
部屋のTVをつけ、DVDに取っていたお笑いを入れて見続けていた。

朝まで起きており、会社に行く気になれずに、上司に電話しようと携帯を取ると、着信履歴14件。
全てHの携帯から。最後の一件には留守電が入っていた。
朝になっていた為か、少し強気になってきていた俺は、それを聞いてみた。
『ピーお前じゃないかあ。お前かあ?ははははははははははははははははははははははははは』
一気に寒気が来た。
『はははは』の笑い方が、Hの笑い方にそっくりだったから・・・。

649 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:12:03 ID:2ig1kyEb0
直ぐにSに連絡し、「Hの家に行って欲しい」というと、
他の友人とGも一緒に行って確認してくれる、との事だったので、お願いをして連絡を待った。

夕方の4時ごろ電話が鳴った。
Sの話をまとめると、
昼過ぎにSとGとM(高校時代の友人)はHの家に行くが、誰もでない。
MがHの大学時代の友人と知り合いだった為、連絡を取り、母親の家の住所(同じく地元)を聞き向かう事へ。
しかし、母親の家の住所にあるのは、蔦がグルグル巻きになっており、見た目はボロボロに。
買ってまだ10年も経って無いはずだが、手入れも全くされていない様子で、ガラスが割れている窓さえある。
人が住んでる様子には見えなかったらしい。

Sが何度かチャイムを押すも、音は出てない様子だったので、玄関を何度か叩き、
高校時代の呼び方で、「Hのおばちゃーん、Sですー。居ませんかー?」と呼びかけるも出てこない。
ダメかと思い帰ろうとした瞬間に、Sに電話が。着信はHから。
かなり恐怖を感じたらしく、逃げようとした瞬間に、割れている窓から目が見えた。
Sは怖さから逃げようとしたが、腰を抜かしたらしい。
しかし、霊などに全く恐怖を感じないMは、
「居るなら出てきてください。警察よびますよ。これは犯罪ですよ」と言う。

650 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:14:09 ID:2ig1kyEb0
見ていた人物は直ぐに奥に。その後Sの携帯に再度電話が。
ここでMは、Sにしか電話して来ないのは、
先ほどの人物が、Sの呼びかけでSの名前しか確認できなかったのではないか、と思い、
ドアを開けて、(鍵は開いてたらしい)
「おい!いい加減に出て来い!Hに対しても侮辱になるだろうが!!」と叫んだらしい。
そうすると、奥から携帯を持ったHが出てきたので、流石に驚いたらしい。
でも、Hだと思っていたのはHの弟で、
泣きながら「お前らが兄貴もおかんも殺したんだ!」と殴りかかってきたらしい。

Gが直ぐに取り押さえて話を聞いたところ、
Hの母親はHが死んだ事を受け入れられずに、携帯などは解約しておらず、お金を払い続けていたらしい。
Hは自殺する際に、遺書の代わりにmp3レコーダーに声を残しており、
それを母親が見つけてしまい、毎日仕事にもいかず聞いて、最終的に気が狂い、同じ部屋で自殺したらしい。

弟は母親の遺書に、
『Hは誰かを恨んで死んでいった。それを見つけれなかったのが悔しい』
と書かれていたのを見て、MP3から音源をとり、携帯の留守電のヴォイスに変えて、
全員に電話をかけるつもりだったらしい。

651 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:20:02 ID:2ig1kyEb0
数人目にかけた俺が、電話に出て『Hのおばちゃん?』と言ったため、
何故この電話が母と思ったのかと疑い、兄の恨みの相手は俺に違いないと思い、何度も電話をしたらしい。
Sが、「俺は高校以後、あまり会えなくなっていた」旨を伝えると、理解してもらえたらしく、
SとMとGが必死に「このようなことはしないように」と説得し、何とか分かってもらったとの事だった。

ただ、弟はS達が来た時はずっと2階から様子を見ていたので、下には誰も居なかったとの事。
S達が「誰か居たよ。俺ら見てたよ」と言うと、
Hの弟は涙を流しながら、「お払いしてもらって、もう2人とも成仏してもらいます」と、大泣きしたとの事。
(S達もかなりの恐怖だったらしく、Mでさえも何度もHの弟に聞いてたらしい)

結局Hの自殺の原因は不明ですが、
今まで生きてきた中で一番の恐怖体験だったので(霊ではなかったですが)書いてみました。

657 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 11:23:22 ID:2ig1kyEb0
弟君は現在Sと大の仲良しになっており、一緒に良く遊んでます。
俺にも一応、すぐに謝罪の電話をしてきました。もちろん許しました。
現在弟君は、母の家をお払い+リフォームして、一人で住んでいます。
彼は元々は父方の家で暮らしてたようですが、父親の許しもあり、そうすることになったようです。

Hの自殺については、真相を知ろうとは思ってません。
これは、弟君も同意してくれています。
彼がそれまでに調べてた事によると、
イジメが原因ではなさそうなのと、Hが精神的に病んでいたことを教えてくれました。
そこで、これ以上蒸し返すのや、本人が望む望まないに関係なく、他人を巻き込むのはやめよう、
という事になりました。

Hが死ぬ2週間前にSに送ったメールで、
『今度又皆で飲みにいこうぜ』との内容を見た弟君が、
「兄はSさんたちを恨むはずが無いです」と納得。
Sが「お前の兄ちゃんは人を恨む奴じゃない」と言うと、大泣きしてたそうです。

弟君は、GやMや俺(帰郷時)とも飲みにいったりするようにはなりましたが、
未だに誰も弟君の家には行ってません。
怖い+悲しい思いがするのが原因ですね。






↑このページのトップヘ