【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:妖怪




724 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/03(火) 23:28:01.35 ID:Vo/RvGCI0
久し振りです。払い屋の婆ちゃんの話をさせてもらっているものです。

妖怪を背負い投げした話
ある道で、夜そこを通ると突然何かが背中にひっついてきて
どんどん重くなり、最後には動けなくなるという怪異があったそうです。
一応朝になると背中にいた何かは去っていくのだが、
不気味だというので婆ちゃんに依頼がきました。

 婆ちゃんはぼろ布同然の上着を着て、例の道を夜歩いた。
するとやはり何かが背中におぶさってきたが、
上着が破けてそれはドスンと落っこちた。
婆ちゃんはすぐに振り向くと、
何かが猛然と襲いかかってくるところだったので、
それを背負い投げで投げ飛ばしたそうです。
あとは体制を立て直される前に拳の連打。
正体は人間の子供くらいの大きさはある蜘蛛だったそうな。

その蜘蛛は婆ちゃんから受けた拳で気絶しており、
その隙に焼いて供養塔を立ててきたそうです。
  
725 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 23:32:47.53 ID:6XwT0I9x0
>>724
相変わらずのお婆様の鉄拳無双素晴らしいww
  
726 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 23:36:37.89 ID:EpYiVDBk0
>>724
相変わらず祓い屋お婆ちゃま最強ですなあwww
夏目レイ子が生きて婆ちゃんになってたらこんな感じだったんだろうか・・・
  
727 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 23:41:59.73 ID:ORKFY90Us
やられた蜘蛛に婆ちゃんの背中に鬼が浮かんでたかどうか聞いてみたいくらいだw
  
728 名前:触手の人[sage] 投稿日:2012/07/03(火) 23:42:28.38 ID:/x7yBbM8s
>>724
お婆様素晴らしいですw
  
729 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/03(火) 23:45:41.79 ID:w/b9h.nU0
>>724
おばあ様に敵はいないね…
なんだろう、その常に肉弾戦に持ち込む感じ…相手の妖怪(?)達に同情を禁じ得ない
  
732 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/03(火) 23:59:08.48 ID:Gwz7EflV0
>>724
相変わらず無敵に素敵な婆ちゃん(の青春時代)だなぁ… と
読んでいたら終わりの二行で更に噴いた

手際良すぎwww  >気絶してる隙に焼いて供養塔
  
733 名前:724[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:02:16.79 ID:eaON65nh0
>>729
ですよねwww。
でもちゃんと供養してますので勘弁してほしいです。

>>732
供養塔を立てるのは毎度のことなので慣れてるそうですwww。
婆ちゃん曰く、
「払い屋も所詮は人間、憐れみの心を持ってやっていかなくてはならん」とのこと。
…こめん、説得力ないよ婆ちゃん…
  
734 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:09:41.52 ID:OKCViFna0
フルボッコにするのも憐れみですか婆様www
  
735 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:10:19.32 ID:RUsrpkT50
祓い屋ばあ様、相変わらずお元気そうですね。

>>733
蜘蛛の妖怪って確か、人食い系の話が多かったよな。
ほっといたら、犠牲になった人が出たかもだし……。

退治しちゃって放置じゃなくて、ちゃんと供養塔立てるあたりが、
憐みの心かと。
  
736 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:11:39.54 ID:YPpxHf3i0
憐みの心…ですか…うん(^_^;)
  
737 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:18:26.61 ID:eaON65nh0
>>735
大体そんな感じです。退治したものも、しっかりと供養しないといけないんわけです。
我々は神ではないですから、いきものを殺して無罪放免といかないものです。
退治できるからといって思いあがると後が怖いです。
  
738 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/07/04(水) 00:28:28.79 ID:PmfAwoe/0
8本足嫌いの自分には恐ろしい話だ…
ばー様尊敬します
  
739 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/07/04(水) 00:38:37.15 ID:RUsrpkT50
>>734
今回のは、退治しちゃってるけど、
悪いことをしたら叱るのは、優しさぞ。
  
770 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 19:50:35.68 ID:LNNv.Lq70
払い屋おばあ様のファンです。
悪魔に「これくらい飲めないとキリストに勝てん」ってのが
今でもツボです、どうぞよろしくお伝えくださいませー
 

オカルトランキング




118 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2011/06/10(金) 00:49:41 ID:7gV6UDSt0
心霊メインじゃないのでこちらに
払い屋のお婆ちゃんのお話させてもらった人です

偽物の霊能力者をこらしめた話

とある親戚(俺とは別系統)の家で怪異が次々と起こった。
その家はとある霊能力者に調査を依頼。
「これはいけませんね。強い恨みを持った悪霊がいます」
といって盛り塩をしていったそう。
ところがいっこうによくならない。
たまたま法事関係でその家に行った婆ちゃんが見てみると、
「…塩の置き方を間違えとるな」と。
しかも怪異の原因は床下に狢が潜んでいただけ。
婆ちゃんは早速狢が嫌がるにおいを放つ草を使って床下から
追いだすと、そのままフルぼっこ。
その後婆ちゃんはその偽霊能力者の住所を聞き出すと、
何体かの妖怪(無害な奴等)をけし掛けたらしい。
その偽霊能力者はその後親戚の家に謝りにきたそうな。
猫又に顔舐められたり、
かいなでという妖怪に体中触られたりで散散だったらしい。
  
119 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2011/06/10(金) 07:03:51 ID:fsk2pypE0
>>118
妖怪をけし掛けたってw
ぬらりひょんに借りたのか?
  
120 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 20:10:41 ID:btdIJwg30
>>119
恐らくお婆さまの指導(鉄拳)を受けて更正中及び更正したモケモケ達と思われ
  
121 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2011/06/10(金) 23:33:48 ID:7gV6UDSt0
>>119
>>120さんの通り、かつて退治した奴らをけしかけたそうで。
  
122 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 19:43:34 ID:cHsMI9KC0
ばあちゃん妖怪使いかwww
  
123 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2011/06/11(土) 20:24:17 ID:adB25KJ90
そして、百鬼夜行の主となるのですね。わかります。
  
127 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2011/06/14(火) 14:55:09 ID:GSdM54pP0
>>118
リアルぬらりひょんの孫現るw


関連話し



オカルトランキング




596 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 19:07:58.71 ID:Ke+rxmhF0
ネタ投下しに来たらまさかの被りだと…
払い屋のお婆ちゃんのお話した者ですん
さとりの裏をかいたお話

いつも術を使うために使っている薬草を取りにいくために、
婆ちゃんはよく山に入る。
ある日、にわか雨に遭ってしまい、
近くの山小屋で雨宿りをしようとした。

そこに「さとり」がいた。
毛むくじゃらで、猿のような外見をしているそうで。
山小屋に入ると、そいつがどっかりと腰を降ろしていた。
「さとりだな、と思ったな」
そうしわがれた声で云う。
「どうやって退治しよう、と思っているな」
さとりは婆ちゃんとの間合いを詰めてきた。
だが婆ちゃんの方が上手だった。
素早く拳でフェイントすると、反対の手で思いっきり殴った。
心を読めるとは言え、フェイントに対して反射的に顔を
手でガードした所為で、二回目の拳をかわせなかった。
そのまんまタコ殴りにしてKO。
婆ちゃんはさとりを山小屋の外に放り出して、
皮膚の一部をはがしてしみる草を塗った。
さとりはひいひいいって山へ帰って行ったそうな。
  
597 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 19:19:46.59 ID:PCk0K0sXO
お婆様、相変わらず素晴らしい鉄拳制裁
  
599 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 20:13:33.50 ID:7SXp+SdG0
婆さん肉体派過ぎるwww
  
604 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:26:07.97 ID:lgGlzypE0
>>596
心を読まれようがなんだろうが強引にぶちのめすとは、すげえ斬新な戦術。
目からウロコが落ちたわ。
  
605 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:33:41.07 ID:ZeZinaZo0
>>604
幽々白書の「右ストレートでぶっとばす」を思い出した
  
607 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:36:11.34 ID:Ke+rxmhF0
>>604
婆ちゃんいわく、
「さとりの動きは野生の犬ころぐらいとろいからなんとかなった」
とか。
  
608 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:55:13.42 ID:u5QRPUdkO
野生の犬がトロいのか…
やっぱ婆ちゃんオソロシスw
  
609 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:55:23.04 ID:CQLWedh4O
野生の犬って素早くないか?
  
610 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/05(日) 00:35:02.34 ID:vqcUp1MoO
飼い犬だってそれなりに速い
  
611 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/05(日) 01:16:44.29 ID:uFeTZ+GhO
なんかもうさとりの方が哀れに見えてくるw
  
638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/06(月) 08:28:44.61 ID:l/SBTuDjO
>>596
お前のバーちゃん、友人帳もってねえか?
  
  

オカルトランキング




451 名前:零壱[] 投稿日:2012/03/19(月) 12:28:03 ID:KeYD4gXJ0
話を、ぶった切ってしまって申し訳ありません。
笑えるかどうかは微妙なとこですが、俺に憑いてるもんについて話をさせて下さい。

俺の傍にはいつも綺麗な顔立ちの兄ちゃん(名前は「黒羽(くろは)」っていうらしい)が居るのですが、寺の坊さんに見せたところ「何で天狗連れてんの!?」と15人ぐらいに言われました。
(兄ちゃんは他の家族には視えてないそうです。)

で、その兄ちゃんの話なんですが、この間寝てる時に寝がえりをうって「右に置いたはずなんだけどなー・・・。」とか思って左に置いてある黒猫の抱き枕に抱きついたんですが、抱き枕が俺に抱きついてきた。
「ハァ!?」って思って良く見たらヘソから下が無い素っ裸の女がこっちを見てた。
俺「・・・!?(半泣き)」女「ニタァ・・・」
その後、何が起こったか放心状態であまり覚えてないのですが、気付いたらキレた兄ちゃんが女の霊にドロップキックをしてるとこでした。
女は絶叫して消えましたが、俺は気絶。
翌日友人に話したら爆笑、思い返した俺も爆笑。

俺が数日前に体験した怖かったけど、天狗の兄ちゃんがドロップキックで霊を撃退した微妙な話です。
長々すみませんでした・・・。
  
452 名前:零壱[] 投稿日:2012/03/19(月) 12:38:19 ID:KeYD4gXJ0
追記。
おかんの家系は霊感があるそうで、おかんだけは「なんか居るなー。」程度に居るのが分かるそうです。
  
453 名前:sage[] 投稿日:2012/03/19(月) 14:02:00 ID:Ruh65bCYs
天狗さん凄いww
美形ってわかるって事はあの有名な天狗面ぽくないっことなのかな?
  
454 名前:名無しの霊体験[] 投稿日:2012/03/20(火) 12:56:57 ID:YpKy4QS90
女が素っ裸でヘソから下が無いって、どんな嫌がらせだよw
兄ちゃんがキレた理由はそこだな

と妄想してみますた
  
455 名前:零壱[] 投稿日:2012/03/20(火) 16:39:31 ID:MXYiXvnM0
451です。

453 俺がガキだった頃に覗きこんだらビビって号泣されたとかで泣かれない格好になった。と聞いた事があるので、天狗面っぽくないというよりは化けてると言った方がしっくりくるかもしれません。

454 案外そうかもしれませんwww
  
456 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/03/20(火) 21:30:03 ID:YhP1WVQ40
天狗の?兄ちゃんやるなあwww
しかしナユラさんも凄かったけど守護の皆様は変質者の霊に全く容赦無いね
  
461 名前:零壱[] 投稿日:2012/03/22(木) 19:51:48 ID:puTPx9ID0
以前、天狗の兄ちゃんの話をした者です。
寺に行くと必ず体験する事を書こうと思います。

兄ちゃんが見える坊さんは必ずと言って良い程の確率で俺の事を「神様から預かった子」や「神子」と言います。
で、両親に聞いたところ「あんたは天狗山に御祈りに行って、できた子だからねーwww」だそうです。
両親に聞いた内容的には、
①全然子供できねえな…。そうだ。天狗山に行こう!www
②両親「子供くれー!!」(周りカラスだらけだったらしい。)
③やべえwwwお参り行った次の日できたwww
④きっと天狗様が授けてくれたに違いない!
てな感じだったらしい。

で、今でも坊さんに会うと「神の子やー!」で拝まれるわ、それを見た参拝客には笑われるわ…。
俺としては複雑ですwww

長々すみませんでした。
  
471 名前:名無しの霊体験[sage] 投稿日:2012/03/25(日) 19:55:51 ID:MXvl7Wt30
>>461
もしかして、かなり運が良かったりよく何かと護られたりしてない?
よかったらエピソードあれば教えてほしいな
しかし、神子って割といるものなのかね・・・?
同じような奴を見たことあるよ





オカルトランキング



854 :後ろを見るな:2007/07/31(火) 01:46:53 ID:oTl2u6Oz0
うちの会社の部長、若い頃『林業』やってたんだって。
正直『林業』なるものよく分からないんだけど、山で木材を調達するって感じかな?
で、部長が若い頃だから昭和40年代らしいが、山の中の作業で使い走りみたいな仕事をしていたらしいんだけど、徒歩で山越えた作業場から2、3時間掛けて山の入り口に有る詰め所(現場監督とか、正社員が居る事務所)まで往復する事になったんだって。
その時に木こりみたいなオッサン達にさんざん脅かされたって言う怪談を聞いた。

新人のアンちゃん子(鬼太郎のチャンチャンコの駄洒落らしい)が山から下りて詰め所まで行く事になった。
親方がそいつに「もしかすると山の悪戯好きな妖怪が後を付けて来るかも知れないぞ」って言った。
ビビッたアンちゃん子は「勘弁して下さい」と泣きを入れた。
始めは面白がってアレコレ怖い話をかましてた木こり達も、腰が抜けてしまった新人君を送り出す為に最後は励ます事になった。
木こりのオッサンも自分が代わりに行くのはイヤだったんだろう。
「妖怪が後を付けてきても決して後ろを見るな。最後まで後ろを見なければお前の勝ちだ。あいつ等も諦めるから、な。」
何とか出発した新人君、すっかりビビりながら歩いていた。(ああ~妖怪が来ないでくれ~)って必死にお願いしながらね。

しばらくして気が付いてしまったんだが、誰か後ろをついて来てる感じがし始めた。
首に力を込めて(絶対に後ろは見ないぞ!)って念じながら歩いてると、その内気配が自分の横に迫ってくる。
右へ廻って来たので、ちょい首を左に向けていると今度は左の方へ来る。
(うわ~見せようとしてるんだ・・・)
新人君はそれでも前方にしっかり首の力を込めて両脇と後方は視界に入らない様に頑張っていた。

855 :後ろを見るな:2007/07/31(火) 01:47:41 ID:oTl2u6Oz0
頑張っているんだけど、人間そう前方だけに視界を限定出切るもんじゃない。
その内に横に廻った気配が見えそうになるんだけど、その度に右、左、と少しずつ首を動かして辛うじて視界に入れるのを防いでいた。
そうすると新人君の耳元で“かちっ”とか“かぽっ”という小さな音が聞こえる。
何なんだろう?って思っていた新人君だったが、ある瞬間にフッと気が付いてしまったんだ。

自分の顔の横に来た時、口を開けていたそいつはオレが反対を向いた時に口を閉じているんじゃないか?“かちっ”って音はヤツの歯の音じゃないか!
そう考えると、顔の横にそいつの生暖かい息まで感じる様になったらしい。
遂に限界に来てしまった新人君は目を閉じて駆け出してしまった。
するとそいつの気配は後ろの方に置いていかれた様だった。
(やった!)とばかりに駆け出した新人君はギュッと目をつぶったまま走っていたんだけどバーンと物凄い衝撃を顔に受けて目を開いた。

(おおっ?)と気が付くと目の前に看板が立っている。
そこには真っ赤なペンキでぶっとい矢印が『 ↑ 』と書かれていた。
思わず上を見上げた新人君。
真後ろに立った大木の枝が自分の上を覆っている。
その枝の更に上から葉っぱを掻き分ける様にして覗き込んでいる真っ白な顔の女が大きな赤い口をパッカパッカ開けたり閉じたりしていたそうだ。
“かちっ” “かぽっ” って音がしっかり聞こえたって。

856 :後ろを見るな:2007/07/31(火) 01:48:13 ID:oTl2u6Oz0
まあ、子供相手の古典的な怪談なんだけど、部長の一言が嫌なんだよなぁ。
『結構恐がるわりに、人って怪談好きだろ?皆馬鹿にして聞いてるんだけどなんかの拍子に昔聞いた怪談をフッと思い出す時が有るんだよな。
そういう時って瞬く間に思い出すからさ、お前らも酔っ払って深夜に帰る時に思い出すかもしれないぞ』

オレ、いつも団地を抜けて帰るんだけど、深夜バスが着いて団地を抜けてる時に後ろを振り返るのがたまらなくイヤになる時がある。
部長の話を思い出して、更に話が膨らんできてね。
3階建ての団地の屋上から真っ白な顔の女がオレを見下ろしてたらどうしようか?って妄想が。
いや~聞かなきゃ良かったですよ。部長。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ